『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる大人】になれる、『昨日より今日はもっと×2!素敵』な情報をお届けしています。明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!

【木曽さんちゅうは“ぷちビッグダディ”】第1752回「木曽さんちゅうが考えていたTACTICS」

11月13日になりました♪

 

今日はかなり踏み込んだ話を綴ろうと思っています。

 

当時、私がWコロンで考えていた方向性です。

 

結果、一発屋になり解散という、とても残念な結末を迎えたコンビ(…と言って良いのかな?)でしたが、実は個人的には…かなりイメージ通り進んでおりました。

 

お笑い芸人と一口に言っても…色んなタイプが居ます。

 

キャラクターで押す人、一発ギャグをやる人、エキセントリックなことをやる人…色々あると思いますが、かなりの割合で考えているのが…"コンテストで結果を出してメディアに"という方向。

 

『M-1グランプリ』に始まり、『R-1ぐらんぷり』『キングオブコント』『THE W』…色んなコンテストがあり、かなりの数の芸人さんが該当するコンテストに挑戦します。

m-1グランプリ に対する画像結果

聞いた話によると、『M-1グランプリ』を創設した島田紳助さんは、この『M-1』を創設した理由の1つに…漫才師が辞めるキッカケを作るため、という考えがあったと言います。

 

他にも…準決勝に行けない人は辞めた方が良い、という話も。

 

じゃあWコロンはというと、実は全部3回戦止まり。

 

これでも決勝目指してやっていたんですが…まぁ、完全に実力不足でしたね。。。

 

かなりの数の若手芸人が上記のコンテストで決勝に行くことを、いや、優勝することを目指して日々努力する訳ですが…結果それを手にする人は天文学的な確率。

 

天文学的な確率であることは分かっている筈なんですが…芸人の殆どは何処か楽天的で、〔自分はその確率を潜り抜けられるかも〕とか思っちゃってたりするんですよねぇ。

 

それって私もその1人かというと…実はそこがちょっと違ってて、今振り返ると…〔コンテストは自分たちには厳しいかもな〕と思っていました。

 

そして…〔違うギミックでアプローチする〕ことを同じくらいの比重で考えていたのです。

 

そのギミックが…"謎掛け"だったのです。