『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★977鐘目『渋野日向子選手が次々と快挙を達成する秘密を教えましょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

~~~~死ぬまでに、絶対!観なけらばいけない映画がある~~~~

 

イチロー選手にとって野球は、ともだち…。

 

羽生結弦選手にとってフィギュアスケートは、ともだち…。

 

渋野日向子選手にとってゴルフは、ともだち…。

 

ともだちだから…、満足するまでお付き合いする。

 

素敵だな…。

 

★★★

『今日のレフくん』

f:id:mptvstaff:20190914135918j:plain
「首輪が少し気になるニャン!」

★(1年前…)2018年9月12日の夢叶は『綾瀬はるか主演「ぎぼむす」が面白い!』でした。

www.mptv.gift

 

打ちっ放しで1回!

コースで3回!

人生で…、ゴルフクラブを握った記憶は計4回だけ。

 

プレイという観点ではゴルフに興味を示していない証拠である。

 

プレイヤーという観点では、

『尾崎3兄弟(将司、健夫、直道)』

『青木功』

『タイガー・ウッズ』

『石川遼』

興味を持ってチャンネルを合わせ手に汗握ったこともる。

www.mptv.gift

 

そして、

人生初!女子ゴルフプレイヤーの一打に一喜一憂する日がやってきた。

f:id:mptvstaff:20190914135528j:plain

 

★『渋野日向子選手が誰よりもゴルフと仲良くしているエピソードを発見した夢叶なのだ!?』

 

今、最も注目を浴びているゴルフプレイヤー『渋野日向子』さん。

実力もさることながら、常に笑顔を忘れないプレイスタイル、子供たちに駆け寄りタッチする姿…、

溢れ出る人柄に魅了されているひとが多いのではないでしょうか。

吾輩もその1人。

そんな、渋野日向子選手が日本勢42年ぶりの海外メジャー『AIG全英女子オープン』制覇に続き、女子ゴルフ界の歴史を塗り替えたのです。

国内女子ゴルフメジャー第2戦・日本女子プロ選手権子ミニカミノルタ杯第1日。

5バーディー、3ボギーの2アンダー70初日をホールアウト!

『29連続オーバーパー無しのツアー新記録』を達成したのです。

 

「きょうは記録のことばっかり考えていた。『あとはどうでもいいから、きょうだけはオーバーパーを打たないように』って…。名前が残るのはやっぱりうれしい」

とシブコスマイルで答えていた。

 

この日、兵庫・チェリーヒルズGCには6231人のギャラリーが詰めかけた。今季の初日最多の動員数を記録しただけでなく、1968年に第1回が開催され女子ツアー最古の今大会の、最多の動員数を更新したのです。

「最終日かなと思うくらい多くてビックリ。すごくやりがいがあった」

 

ファンの歓声を愉しんでプレイできる渋野日向子選手の“シブコフィーバー”ははじまったばかり。

 

“シブコフィーバー”をプレッシャーにせず、いつまでもゴルフとおともだちでいれますように…。

 

そんな、

『渋野日向子選手が誰よりもゴルフと仲良くしているエピソードを発見!』

ゴルフの神様が微笑む理由がみえてきました。

 

 

渋野日向子は日没ませ練習「腹が減っちまったよ~」

 

<女子ゴルフ:日本女子プロ選手権子ミニカミノルタ杯>◇第1日◇12日◇兵庫・チェリーヒルズGC(6425ヤード、パー72)◇賞金総額2億円(優勝賞金3600万円)

西の空へ、日が沈んでゆく。山肌を照らした夕暮れのきれいなオレンジ色も、そろそろ薄れつつあった。

会場の後片付けをする軽トラックのヘッドライトが時折、グリーンを照らす。周囲は暗くなり、ボールは見えなくなっていた。それでも、渋野日向子(20)は、練習をやめようとはしなかった。

9月12日に、兵庫・チェリーヒルズGCで開幕した女子ゴルフの今季国内メジャー第2戦、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯。第1日を2アンダーの11位で終えた彼女は、最後まで残ってパットの調整を続けた。もう、選手はほとんどいなくなっていた。

青木コーチが置くボールを打つ。5~6メートルのパットを外すと、悔しそうに頭を抱えた。それが入るまで、練習は終わらない。ちょうど日が完全に沈む頃、ようやく長いパットが入り、いつもの笑顔を見せた。

「やった~。終わった~」

昨年の今頃は、下部ツアーでもがいていた。観衆も、報道陣もまばら。あれから1年が過ぎ、この日は大勢のファンが、渋野の練習を最後まで見守った。5月に国内メジャーを制し、8月には全英女王となり、環境は劇的に変わった。それは、努力のたまものである。この日は午前11時40分とスタート時間が遅かったとはいえ、誰よりも練習をする。だからこそ、誰よりも早いスピードでここまで上り詰めた。

真っ暗になった会場には、まだ大勢のファンが待っていた。混乱を避けるために、一度はクラブハウスに戻った。だが、応援してくれる人々へ、後ろ髪が引かれる思いがあったのだろうか。しばらくしてから出てくると、全員にサイン入りのカードを手渡した。強くなっても、おごらず、誰にも優しい。それが人気の秘訣(ひけつ)だろう。

時計の針は午後7時を過ぎていた。汗だくで練習を終えた彼女は、運営スタッフ、報道陣らに「帰りま~す」と笑顔で手を振った。

「腹が減っちまったよ~」

どこまでも愛されキャラの渋野らしかった。

 

【益子浩一】

※(ニッカンスポーツ・コム/ゴルフコラム「ピッチマーク」)

www.nikkansports.com

 

努力に優る天才はなし。

友達と仲良くするのは当たり前…。

 

素敵なエピソード。

ありがとうございました。

 

(エムP) 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、どんな夢叶があったのでしょう…。