『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★968鐘目『プロットが素晴らしい映画!クエンティン・タランティーノ監督は最高でしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

~~~~死ぬまでに、絶対!観なけらばいけない映画がある~~~~

 

とある映画関係者が言いました。 

「脚本がつまらなくても面白い映画にできるのがハリウッド映画の底力!」

 

とある映画関係者は言いました。

「プロットが面白くなければ、面白い映画は生まれない」

 

とある映画関係者は言いました。

「CGは使いたくない」

 

とある映画関係者とは、誰でしょう…。

 

★★★

『今日のレフくん』

f:id:mptvstaff:20190904122329j:plain

「ヘイトフル・エイトに一瞬!猫さんが出演しちるような気がしたニャン!」

★(1年前…)2018年9月2日の夢叶は『地元を愛し、地元に愛されるステーキ屋さん!』でした。www.mptv.gift

 

『レオナルド・ディカプリオ』&『ブラッド・ピット』が初共演を果たしたことで大きな話題を呼んでいる

●映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

の公開がスタートした。

今、吾輩が最も観たい映画である。その理由は…、

ハリウッド界が誇るイケメン二大俳優の競演!

そして、何と言っても!!

大好きな映画監督『クエンティン・タランティーノ』が手掛けた長編映画なんです。

f:id:mptvstaff:20190904112608j:plain

 

代表作!

●『パルプフィクション』

f:id:mptvstaff:20190904111018j:plain

 

日本でもお馴染み!

●『キル・ビル』

f:id:mptvstaff:20190904111522j:plain

 

入り組んだプロット!

独創的な犯罪心理!

拘り抜いた暴力シーン!

 

中毒性が高い魅力が潜んでいるタランティーノ作品。9作目となる長編監督作品

●『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

f:id:mptvstaff:20190904110512j:plain

 

いったい、どんな仕掛けが!魔物が!潜んでいるのか!!

あ~!早く観に行きたい。

 

★『「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を観る前に「ヘイトフル・エイト」を鑑賞して再感動した夢叶なのだ!?』

 

2015年に公開された、クエンティン・タランティーノ8作目の長編監督作品

『ヘイトフル・エイト』

f:id:mptvstaff:20190904113201j:plain

 

突然、襲った猛吹雪!山の中にある『ミニーの紳士服飾店』で嵐をやり過ごすため退避した8人。

密室に閉じ込められた8人に巻き起こる最高のミステリアス西部劇である。

本作は、6つの章立てで構成されているのが特徴!

 

■第1章「レッドロックへの最後の駅馬車」

■第2章「ロクデナシ野郎」

第3章「ミニーの紳士服飾店」

第4章「ドメルグには秘密がある」

第5章「4人の乗客」

最終章「黒い男 白い地獄」

 

どの章にも、タランティーノ監督の思惑と魔物が隠れている。

全ての登場人物の言動や行動が徐々に繋がってくる秀逸なプロット。

目を耳を凝らして観て欲しい映画なんです。

 

残虐描写、過激な会話、フルヌードのシーンなどの理由から、日本ではR18指定をされた本作。

『GYAO!』で無料配信中。

2年ぶりに再鑑賞!再感動してしまいました。

 

さぁ~、どこかで時間を作って

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

 を観に映画館に行かなくちゃ!

 

最後にお節介な話を1つだけ。

吾輩がプロット映画の最高蹴作と信じて疑わない作品は!

●『スティング』

f:id:mptvstaff:20190904115814j:plain


当時、ハリウッド界を席巻した二大イケメン俳優!

『ポール・ニューマン』&『ロバート・レッドフォード』が競演!

この作品も7つの章立てで進行していく。

 

■The Players - "プレイヤーたち"

The Set-Up - "段取り"

The Hook - "引っ掛け"

The Tale - "作り話"

The Wire - "電信屋"

The Shut Out - "締め出し"

The Sting - "とどめの一撃"

 

日本映画に造詣が深く大きな影響を受けていると語っている親日家のクエンティン・タランティーノ監督。

過去作品でも随所にその影響を感じるシーンや台詞は多々あるが…、

『ヘイトフル・エイト』再鑑賞してみて、『スティング』のエッセンスが入っていると感じたのは吾輩だけだろうか…。

 

(エムP) 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、どんな夢叶があったのでしょう…。