『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★905鐘目『「アサヒスーパードライ ザ・クール」瓶ビールに直接!口をつけて飲んでみたでしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

 ~~~~死ぬまでに、絶対!観なけらばいけない映画がある~~~~

 

ビールで泡を愉しむものだと思っていました。

 

でも、言われてみれば

欧米の映画やドラマシーンでは、瓶ビールに直接!口を付けて飲んでいるシーンを見掛けることに気づいた。

 

グラスに注いで飲む!

瓶に口をつけて飲む!

 

同じ飲み物でも味が全く違うんだろうな… 。

 

ビール好きに教えて貰おうっと!?

 

 

 ★★★

『今日のレフくん』

f:id:mptvstaff:20190703125947j:plain

「オイラも、瓶ビールを飲んでみたいニャン!」 

★(1年前…)2018年7月1日の夢叶は『予想ネコ・レフくんがベルギー戦を的中!涙…。』でした。

吾輩はビールが苦手だ…。

ビールを飲んで

「旨い!」

と呟いた経験は未だかって一度も無い。

 

そんな吾輩がビールのお話を少しだけ…。

 

★『ビール王者!アサヒスーパードライがアップデートし続けている夢叶なのだ!?』

1996年6月、

ビール王者に君臨し続けていたキリンラガービールを陥落させたのは…、

f:id:mptvstaff:20190702165616j:plain

 

1987年3月に発売を開始した『アサヒスーパードライ』

f:id:mptvstaff:20190702165843j:plain

 

 

苦くてコクがあるビールが主流だった時代に…、

苦みと甘さを抑え、徹底的にキレ拘わったアサヒスーパードライ。

その副産物はアルコール度数だった。

麦汁内の糖分を少なくするためにアルコール発酵を進ませることにした。

その結果、アルコール度数が通常のビールより『0.5%』アップして『5.0%』となった。

味覚という感覚だけでなく、数字として明らかな違いを感じ取ることができた『アサヒスーパードライは』予想を超える大ヒット!

一時的なブームと思いきやその勢いは衰えを知らず、1996年6月アサヒスーパードライはキリンラガービールを抜いて月間シェアNo.1の座につく!当時の社長・瀬戸雄三氏は、7月1日の夕方、本店の社員を社員食堂に集め、この奇跡を報告!社員の前で涙を流したという逸話はあまりにも有名である。

以来、『キング・オブ・ビール』はアサヒスーパードラというイメージが定着しました。

 

発売当初から基本的な味・パッケージの変更は一切行っていませんが、

f:id:mptvstaff:20190702173353j:plain

・特大瓶『BIG BOY』(1957ml)

・スタイニーボトル(334ml)

・スリムボトル缶(350ml )

・スタイリッシュボトル缶(320ml)

・エクストラコールド

・鮮度実感パック

・できたて工場直送プレミアムギフト

・発売30周年限定特別醸造製品 

 

愛デアあふれる商品企画で絶対王者のプライドを魅せつづけている『アサヒスーパードライ』が、近年のハイボールブームでビール離れしている若者や女性をターゲットに新しいビールライフを提案したのです。

それは!?

『あえてのビン』

 

 

4月に発売した『アサヒスーパードライ ザ・クール』の小瓶(330ミリリットル)をグラスに注がずに直接飲むスタイルです!

f:id:mptvstaff:20190703122118j:plain

 

欧米では『バドワイザー』『コロナ・エキストラ』等、瓶ビールに直接口を付けての飲むビールライフが定着している。

f:id:mptvstaff:20190703122227p:plain

アサヒビールマーケティング部によると

「若者には外国ビールなどを瓶で飲用するスタイルが親しまれている。ザ・クールはスポーツバーなど向けが中心だが、今後はビアガーデンなど広い業態にも提案する」と発表、味も飲みやすいように苦味が強すぎないように調節しているという。

 

『あえてのビン』をキーワードに瓶ビールの定着を目指すアサヒビール!

ビール王者として、『スーパードライ』のみならず、ビールライフの楽しみ方を提案し続ける姿勢に感銘した日。

 

ひさしぶりに瓶ビールを口にした日となった。

 

「う!う…、

 

革命とアップデートで勝利者になったアサヒビールに乾杯!

 

(エムP)

  

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、どんな夢叶があったのでしょう…。