『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★890鐘目『菊野克紀選手~川井梨紗子選手~伊調馨選手!格闘道家が輝いたでしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

 ~~~~死ぬまでに、絶対!観なけらばいけない映画がある~~~~

 

親が子供に見せたい格闘道『敬天愛人~第1回アマチュア大会~』が行われました。

 

プレゼンテーターをしたのは!?

AgeneZの二宮智美さん。

f:id:mptvstaff:20190617190120j:plain

 

フリーズ食品開発の代理・渡辺大地さん。

f:id:mptvstaff:20190617190134j:plain

 

菊野克紀選手と記念撮影!

f:id:mptvstaff:20190617190039j:plain

 

久しぶりの友人と再会!

 

素敵な1日でした。

 

 ★★★

『今日のレフくん』

f:id:mptvstaff:20190617185732j:plain
「本気で戦っているひとはカッコイイニャン!

 

★(1年前…)2018年6月16日の夢叶は『打者・大谷翔平選手が打撃練習を再開!』でした。

1年前…、

格闘道家・菊野克紀さんの夢を叶えるため精鋭なるSTAFFが集合しました。

2018年11月11日。

その集大成が鹿児島アリーナーで産声をあげました。

たくさんのひとたちの笑顔に包まれた

親が子供に見せたい格闘道『敬天愛人』

www.mptv.gift

 

そして、6月16日(日)。

親が子供に見せたい格闘道『敬天愛人~第一回アマチュア大会~』が開催されました。

 

f:id:mptvstaff:20190617183829j:plain

f:id:mptvstaff:20190617184720j:plain

f:id:mptvstaff:20190617184728j:plain

f:id:mptvstaff:20190617184738j:plain

f:id:mptvstaff:20190617184702j:plain

 

菊野克紀さんの格闘愛が満ち溢れた大会。

参加者全員が笑顔になっている空間で時間を過ごした後!

世紀の試合をクルマの中で観ることになりました。

 

★『「敬天愛人~第1回アマチュア大会~」が開催された日!世紀の一戦、伊調馨選手VS川井梨紗子選手が行われた夢叶なのだ!?』

思わず路肩にクルマを停車してテレビに夢中になりました。 

レスリング全日本選抜選手権が放送されていたからです。

リオ五輪で金メダル【4個】、銀メダル【3個】

合計【7個】のメダルを獲得し、国別でもロシアの【9個】に次いで2位だった日本レスリング!

2020年東京五輪に向けて、リオ五輪メダリストと新たなホープが熾烈な戦いを繰り広げているのです。

中でも、世界中が注目ししているのは、

女子58kg級『伊調馨VS川井梨紗子』の一戦。

伊調馨選手は58kg級、川井梨紗子選手は63㎏級、共にリオ五輪で金メダルを受賞した世紀の対決なのです。

1階級あげて、女子個人として人類史上初のオリンピック4連覇を成し遂げ、2016年に国民栄誉賞を受賞した無敵の伊調馨選手が君臨する63㎏級で戦う決意をした川井梨紗子選手には大きな夢があった。

それは…、

リオ五輪出場を逃しスタンドで観戦していた妹・友香子さんと一緒に姉妹で東京五輪に出場すること。

夢を叶えるため、リオ五輪で金メダルを獲得した63kg級を妹・友香子に譲り、自身は63㎏級で東京五輪を目指す茨の道を選んだのです。

一足早く、58kg級で優勝し世界選手権出場を決めた妹・友香子さんのためにも負けられない1戦がはじまったのだ。

汗握る究極に戦い、川井梨紗子選手の果敢な攻めが功を奏して第2ピリオド前半まで5対0で大きくリードしていた。後が無い伊調馨選手が力の限り攻めてくるとあっという間に1点差まで詰め寄ってきた。

半年前に行われた全日本選手権決勝。残り10秒で逆転負けした悪夢が脳裏を過ぎったが試合終了。不滅の王者・伊調馨選手を退けた。

世紀の対決には、まだ続きがある。3週間後のプレーオフで、伊調馨選手と再び相まみえるのです。

「もう一つ勝たないと意味はない。大切なのは気持ち。負けたくない。帰ってまた練習したい」

優勝に感極まりつつも、プレーオフを制して世界選手権出場を見据えていた。

 

一方、惜敗した伊調馨選手、

「勇気が足りなかった。ひるまず自分も前に出ていれば展開も変わっていた」

と反省しつつ、

「次が本当の勝負。前半から取りにいくと流れもつかみやすいし、ワンサイドな試合展開になる。それが理想」

とプレーオフでの勝利を思い描いていた。

泣いても!笑っても!

7月6日、埼玉県・和光市体育館で行われる世界選手権代表選考プレーオフで決着がつく。

 

f:id:mptvstaff:20190617185039j:plain

 

勝負は時として非情だな…。

と思いつつ素晴らしい1戦に釘付けになりました。

 

(エムP)

  

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、どんな夢叶があったのでしょう…。