『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【お知らせ】舞台『一瞬(いま)を生きる君へ 知覧からの手紙』出演します!

こんにちは!

 

帝国劇場でファーストキスがしたい♪

素敵なミュージカル女優を目指して修行中の音大生、吉村南美です!

 

本日は舞台出演のお知らせです。

7月に引き続き、8月も舞台に出演させていただきます!

 

ドリレスとはまた全く雰囲気の違う舞台で、新しい私をお見せできると思います。

 


8月23日から26日に、劇団グスタフさんの舞台

『一瞬(いま)を生きる君へ 知覧からの手紙』に出演致します。

 

第二次世界大戦末期、鹿児島・知覧の基地の特攻隊の兵たちと彼らを支える女子挺身隊、そしてその家族のお話です。

 

私は女子挺身隊の1人、岡田典子という役を演じます!

 

 

女子挺身隊とは、第二次世界大戦中に国家総動員法のもと創設された勤労奉仕団体のひとつ。

この物語に登場する女子挺身隊は、皆17・18といった若い女学生たち。

 

そんな彼女たちは戦場でもある基地へと赴き、憧れの存在である特攻隊員たちの身の回りの世話を行うことになります。

 

疲労と危険が蓄積される過酷な環境の中で、彼女たちは特攻隊員と交流し心を触れ合わせますが、特攻隊員たちは数日後には出撃することが決まってしまいます。

 

典子も女子挺身隊として様々なことに苦しみながら、強さと覚悟を持ってこの物語を生きています。

 

一緒にいたいと思った人と一緒にいるという当たり前の幸せすらも許されない、そんな切なさが散りばめられている作品です。

そして典子もその切なさの一片を担っています。

 

ずっとやってみたかった戦争もの、沢山の方に伝えたいです。

 

ぜひ観に来ていただけたら嬉しいです。

 

 

チケットは現在発売中でカンフェティ、カルテットオンラインからご購入いただけます。

カンフェティからご購入の際は、チケットの種類で【吉村南美】をご選択いただけると嬉しいです!

 

カンフェティ

 

カルテットオンライン

 

以下、舞台の詳細です!

 

---------------------------------------

 

舞台『一瞬(いま)を生きる君へ 知覧からの手紙』

 

日程:

8月23日(木)   19:00
8月24日(金)   19:00
8月25日(土) 13:00 / 18:00
8月26日(日) 13:00 / 18:00

 

 

会場:
シアターグスタフ(小田急線喜多見駅より徒歩約12分)

 

出演:

南風ゆり 妃野由樹子 丹治尚也 侑子 栗原大和 荒井敏彦 若梅純希
別府理彩 村本忠之 吉村南美 高橋亮太郎 三浦友実 しおり
下釜翔 木本和也 薄田純加 他予定
 
 高槻純 渡邉宰希

 

チケット:

※プレミアムチケットのみ最前列席になります。
●プレミアムチケット 5800円(振込のみ・特典付)

 最前列席及び、ツーショットチェキ撮影・サイン付き
●一般チケット       4300円
●友の会会員     3800円
●学生(小中高生)    2500円 
●U-24(24歳以下)   3500円 (劇団受付のみ)
※U-24チケット購入の方は、当日証明証要提示   
●当日精算及び当日券  4800円    

 

あらすじ:

昭和20年3月。

 

米軍が沖縄に上陸作戦を開始した第二次世界大戦末期。


場所は鹿児島の南に位置する陸軍の知覧飛行場。

沖縄へ向けて出撃する陸軍航空隊の最前線基地。


その知覧基地の三角兵舎に6名の特別攻撃隊員が到着する。

任務は特別攻撃。250キロ爆弾を積んだ飛行機もろとも敵艦に突入する必死の作戦。

生きて帰る事は勿論、家族にもその任務さえ知らせる事を許されない極秘作戦であった。

 

整備兵も昼夜を問わず飛行機を整備するも、部品さえまともに手に入らない程の、物資不足に陥っていた。隊員達の年齢は下は17歳から、妻帯者のいる部隊であった。

あからさまに不満を口にするもの、碌な飛行機が支給されない事へのいら立ち、上官への不満を口にする隊員達は、生への執着を捨てきれぬままであった。

だが、新聞は軍神と煽り立てられ、彼らの想いとは裏腹にその存在は尊いものとなっていた。

 

そんな精神不安定の彼らの身の回りを、まだ多感な時期の女学生達が行うのであった。

やがて、純粋な女学生の心遣いにほんのわずかであったが、心を穏やかに人間としての理性を取り戻した時、無情にも出撃命令が下った・・・。


出撃を待つ特攻隊員6名と女子挺身隊、とその家族の物語。出撃までの数日間を濃密に描く。

 


戦争という異常な時代性の中で生れた、異常な作戦。人間として、軍人としてそのはざまで揺れ動く彼らの心情を一つの青春という形で舞台化した群像劇です