『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★441鐘目『史上最悪の優勝スピーチVSペンの暴力。やっぱり!元気になれる報道が最高でしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

f:id:mptvstaff:20180323135248j:plain

 

ペンの暴力

 

社会的制裁

 

この言葉の重さをひしひしと感じる今日のこの頃…。

 

報道の自由

 

重要な役割を担っているんです。

 

★★★

『今日のレフくん』

f:id:mptvstaff:20180323141356j:plain

「お気に入りの缶に入って日向ぼっこしているニャ~~~」

 

★(1年前…)2017年3月22日の夢叶は『なくなるヨ!全員集合、スペースワールドへ』でした。

ペンの暴力という言葉があります。

マスコミが、犯罪を犯したと思われる人間に対して、メディアを通じ実名報道を行い、その情報が元で、意図的か?無意識的か?は不明ですが個人攻撃が行われてしまうこと!

マスコミの不明瞭な基準により、同意なく個人のプライバシーや捜査上の機密を暴露し、偏った報道で無責任・不適切な社会的制裁が起こった事案としては、

・ロス疑惑

・松本サリン事件の第一通報者

が有名です。

 

よく見かける光景として、

まだ、犯罪者と確定する前に、中高生時の卒業文集で書いた作文の引用や、より人相の悪い写真を探し出して使用すること等があります。

このマスコミによる社会的制裁の影響は極めて大きく、後に冤罪になっても、冤罪報道がきちんと行われないと犯罪者としての記憶だけが残り、一個人の人生をどん底に陥れることもあります。

 

そこで…、

マスコミ、そこに付随する番組MCやゲスト等にも多大な注意と慎重さが求めらているはずなのですが、視聴率や発行部数、クリック数アップを目指して日々戦っているため常に過激な内容と言動に誘因さててしまうことが後を絶たない。

 

また、

インターネットの普及でネットメディアの影響力も大きくなってきた昨今、加害者だけでなく、興味本位や憶測で書きたてる被害者情報、更にフェイクニュースがもてはやされる時代。

 

適切な情報。

その情報によって、

住みよい社会。

素敵な社会。

平和な世界が担えることを願っているはずなのに…、

少し、悲しいですね…。

 

▶日本を代表する社会派映画の巨匠・熊井啓監督が『松本サリン事件』を描いた映画『日本の黒い夏』は必見です!

f:id:mptvstaff:20180323135051j:plain

 

さぁ~、気を取り直して、

元気になれる!笑顔になれる!

夢叶をご紹介します。

 

★『「史上最高の初優勝スピーチ」世界中を魅了した大坂なおみさんが、元世界女王を撃破した夢叶なのだ!?』

 

前週のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)で悲願のツアー初優勝を果たした20歳の大坂なおみさん。

 

最高速度200km近い高速サーブを武器に、攻撃的なプレースタイル!フレッシュでパワフル!屈託ない笑顔で世界中のテニスファンを一気に魅了した大坂なおみさん!

悲願の初優勝スピーチはご覧になりましたか!?

 

『史上最悪の優勝スピーチ』

と称され、世界中に発信されたこのスピーチ!

 

超~~素直で、超~~純粋な

『史上最悪の優勝スピーチ』

これこそ、

『史上最高の初優勝スピーチ』

として、

世界中の人々を笑顔と感動の渦に巻き込んでくれました。

 

それでは、ご紹介しましょう!!

f:id:mptvstaff:20180323135248j:plain

 

え~っと、Hello。 

え~っと、Hi、私は新米ながら...
OK、今のは無しで。 

 

これらの人々に感謝を...(噴き出して笑う) 

え~っと、トーナメントディレクターに 
(トーナメントディレクターが笑顔で頷きながら「はい、ありがとう」) 

それと...WTA(女子テニス協会)とスタッフ、それに理学療法士の方々に感謝したいです。 


あ!
そう、ダッシャにも! 
(※Dasha:ダリア・カサトキナ選手の愛称)

 

カサトキナ選手にも感謝したいです、

え~っと、本当に良く接してくれたし対戦相手としてこれ以上ないくらいに最高にクールな人でした。きっと私たちはこれから何度も決勝で顔を合わせることになると確信しています。 

 

それとダッシャのチームにも感謝したいです、彼らもとてもいい人たちだったから、ふふふ。 

私のチームにも、私に付き合ってくれてありがとうと言いたいです。まあそんなところですかね。

あ、あと私をサポートをしてくれて。 

 

それとコーチのサーシャにも本当に感謝します。

それと私の父にも…、

今ここにはいませんが。それと母と姉にも、フロリダで観ているでしょうから…、

Hi、観てる? 

 

え~っと、何か言い忘れたことは...

そう、スポンサーにも感謝したいです!
アディダスと、日清と、WOWOWと...
...
... 

ヨネックス!
言えた! 

 

あと何か忘れていることは...
忘れていることは... 

Oh! そう、ボールキッズとアンパイアの方々にも感謝を。
ボールキッズの子たちは超最高でした! 

 

なんだか史上最悪の優勝スピーチになりそうですね...ふふふ。 

それと会場に来てこの試合を観てくださった皆さんに感謝したいです。本当にありがとうございました。 


え~っと、これで全部かな?
ありがとうございました。

 

 

 *1

 

 

「ん~~、実に素晴らしい!!」

 

 屈託ない映画で堂々と話す大坂なおみさんの姿が今でも瞼に焼きついています。

 

そんな、大坂みなみさんの次なる試合は!?

マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、プレミア・マンダトリー)
 
前週、悲願のツアー初優勝を果たしたばかりの大坂なおみさんのお相手は、1968年のオープン化以降で四大大会史上最多23勝を誇り、マイアミ・オープンでは8度優勝している憧れの元女王セリーナ選手!
第1セットから主導権を握ると終盤の4ゲームを連取して第1セットを先取。 
続く、
第2セットセリーナ選手の強打を振り切り、第4ゲームでブレークに成功。その後もサービスエースなどを決めるなどでリードを守り、一気にストレート勝ちをおさめたのです。 
 
 
「コートに来るときは、とても緊張した。知らない人もいるかもしれないが、セリーナは私の最も好きな選手。彼女と対戦するのは夢だったし、勝てたのでなおさらうれしい。私は、この対戦で彼女に自分の印象を残したかった。一度でもいいから『カモン』と掛け声を言わせたかったし、それができたと思う」
 
勝って兜の緒を締める!
 
大坂なおみさんの快進撃と言動に世界中が注目しています。
 
女子テニスがとても楽しみになりました。
 
感動をありがとう。
 
 

 

(エムP)

 

『だい・だい・だいすき たい・たい・たいせつ 』

悲願にツアー初優勝を果たした

大坂なおみさん

史上最高の優勝スピーチを聞いて感じたこと。

テニスと

自分を支えてくれるひとたちが

だい・だい・だいすき

たい・たい・たいせつ

なんですね。

ん~~、実に素晴らしい!!

 

 

【BEM】(バースディー・イブ・ミュージック)ではありません。

【BGM-IN】「だい・だい・だいすき たい・たい・たいせつ 」(渡邉このみ)

youtu.be

 

 

 ★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

*1:WTA