『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★435鐘目『「Their journy will continue.」この間違いに気付いたひとは眠れないでしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

f:id:mptvstaff:20180318030919j:plain

 

窪塚洋介さんのトークライブに行ってきました。

初めてのトークライブだったそうです。

 

f:id:mptvstaff:20180318033234j:plain

 

300人集まったファンは大満足。

ファンの質問に全力で答える窪塚洋介さん。

f:id:mptvstaff:20180318033322j:plain

 

合言葉は、

「感謝」

 

また次回も参加したい!!

f:id:mptvstaff:20180318033202j:plain

 

帰り際のみなさまの素直な発言。

 

それでは、

また見たい!ドラマの話を少しだけ…。

 

★★★

『今日のレフくん』

f:id:mptvstaff:20180318033043j:plain

「この方の膝の上は落ち着くにゃ~~~~」

 

f:id:mptvstaff:20180318033109j:plain

「上を向いてみたら、こんな風景だったニャン!!」

 

★(1年前…)2017年3月16日の夢叶は『AKB中村麻里子さんが局アナ入社』でした。

 

『起承転結』を完膚なきまで魅せつけてくれたドラマが終わりました…。

f:id:mptvstaff:20180318030919j:plain

今クール!断トツで嵌められた連続ドラマ『アンナチュラル』が最終回を迎えたのです。

 

脚本家・野木亜紀子さんが愛を込めて創り上げたキャラクター設定が見事に完結していました。

「ん~~~、実に素晴らし!!」

 

演出家・塚原あゆ子さんは、野木亜紀子さんが創り上げた各々のキャラクターを見事に成長させ る手腕はお見事として言いようがありません。

「ん~~~、実に素晴らしい!!」

 

プロデューサー・新井順子さんが集めた製作陣に出演者!この歯車が見事にかみ合っていました。圧巻は、主題歌『LEMON』に込められたメッセージが抜群だったこと。音楽界ではメジャーだった米津元帥さんが一気に一般メジャーに駆け上がった功績も含め…。

「ん~~~、実に素晴らしい!!」

 

吾輩が最終話で一番やられたシーンは!?

解剖医のプライドに賭けてデータ改ざんを出来なかった三澄ミコト(石原さとみさん)

UDIラボの威信に賭けて検察庁に本当のデータを提出した神倉保夫所長(松重豊さん)

 

この正当な行為で、殺人犯を逮捕できる証拠は全て失ったはずだった…。

しかし、

途方に暮れていた時、市川実日子演じる、東海林夕子の発した台詞!!!

 

「ウォーキングできないデッドの国かぁ…」(東海林夕子)

 

という摩訶不思議な日本語を呟くいたシーン!!!

 

背筋がゾクゾクしました。

この言葉、第一話でも発していたぞ!!

 

「アメリカは良いよね、再調査となったらお墓から丸ごと死体掘り起こせばいいんだもん」(三澄ミコト)

 

「ウォーキングできないデッド」(東海林夕子)

 

火葬文化の日本では、もう一度解剖したくても、死体はすでに焼け払って残されていない。

しかし、

外国に数多く残されている土葬文化なら、

腐食しているとはいえ、残された死体でもう一度、解剖するチャンスがあるということを示唆した台詞だったのです。

 

その後、アメリカ・テネシー州に眠っていた死体を堀り起こし日本へ移送。

中堂系(井浦新さん)の死んだ最愛の人・糀谷夕希子(橋本真実さん)を再解剖した結果、死人に口なしから、口有りへ!

殺人事件を立件できる証拠を突き止めていったのです。

 

まぁ~吾輩が幾ら、熱弁を奮っても、このドラマの素晴らしさは半分も伝わらないでしょう。

 

とにかく、吾輩に騙されたと思って、連続ドラマ『アンナチュラル』をご覧になっていただきたいと切に願っています。

 

最後に、英語に弱い吾輩は気がつきませんでしたが、ラストカットに記された、

 

『Their journy will continue.』

 

この英文が話題になっています。

 

和訳すると、

『彼らの旅は続くでしょう』

 

しかし、ここにもトリックが仕掛けられていました。

 

【journy】の正しいスペルは!?

journey】なのです。

 

このことに気づいた視聴者は各々が独自の推理を展開。

見えない答えを求めて、英知を集結しているのです。まるで、UDIラボで働くメンバーのように…。

 

果たして、このミス・スペルが意図していることはなんのか?

 

その答えを知る方法が、ドラマの続編であることを望む視聴者が多いことだろう…。

 

何度も悔し涙を流してしまった、

ドラマ『アンナチュラル』の製作者、出演者に一言。

 

「素敵な時間をありがとうございました」

 

(エムP)

 

『Lemon』

MVをCMでもよく見かける。

気がつけば、

YouTubeの動画も

2800万回も再生されていた。

アンナチュラルをより盛り上げてくれた最高の相棒。

今クールの助演音楽賞は、

「Lemon」(米津元帥)

に決定です。

 

 

【BEM】(バースディー・イブ・ミュージック)ではありません。

【BGM-IN】「Lemon」(米津元帥)

 ★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。