『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★378鐘目『人種差別という言葉を発することに違和感を感じた日になったでしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

f:id:mptvstaff:20180121002454p:plain

『シングルベッド』

 毎日、毎日…

シングルベッドに1人で寝る。

慣れてしまえばなんてことないけど…、

一度でも、

愛している相手と狭いスペースで

寄り添って眠ったことがあると…、

人恋しくなることがる。

 

人種差別…、

そんな言葉を、

いつまでも発していることが…

一番悲しいことのような気がしてきた。

狭い空間でも寄り添って生きていく。

体温を感じて…、分け合って…。

支え合って…。

いがみ合うことなく…、

仲良く…。

 

★★★

 

★(1年前…)2017年1月18日の夢叶は『ピコ太郎!日本武道館ライブ』でした。

 

 

風谷南友・主演舞台『12人の怒れる奴ら』の初日となりました。

たくさんの仲間たちが集まってくれました。

お陰で、初日から満員御礼!!

 

★陪審員八号:風谷南友の熱演!

 

対峙する、

11人の陪審員の熱演!

 

・陪審員長:モリタモリオ

・陪審員第二号:幡りか

・陪審員第三号:松坂南

・陪審員第四号:緑川良介

・陪審員第五号:城戸崇宏

・陪審員第六号:服部美香

・陪審員第七号:久岡裕志

・陪審員第九号:永島雄三

・陪審員第十号:長沼薫

・陪審員第十一号:椎田紗和子

・陪審員第十二号:越前屋由隆

 

▼▼▼出演者12人をチェックすべし!▼▼▼

youtu.be

 

終演後…、

大きな拍手が沸き起こりました。

 

脚本のチカラと出演者のチカラが融合した瞬間でした。

 

 

『十二人の怒れる男』…、

 

父親殺しの罪に問われた少年の裁判で、陪審員が評決に達するまで一室で議論する様子を描く。

法廷に提出された証拠や証言は被告人である少年に圧倒的に不利なものであり、陪審員の大半は少年の有罪を確信していた。全陪審員一致で有罪になると思われたところ、ただ一人、陪審員8番だけが少年の無罪を主張する。彼は他の陪審員たちに、固定観念に囚われずに証拠の疑わしい点を一つ一つ再検証することを要求する。

陪審員8番の熱意と理路整然とした推理によって、当初は少年の有罪を信じきっていた陪審員たちの心にも徐々に変化が訪れる。

 

アメリカの陪審制度の長所と短所を表すと同時に…、

舞台となっているスラム街への偏見や人種差別に対する問題も提起している。

 

奇しくも、

大晦日恒例のお笑い特番

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで大晦日年越しスペシャル!! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ)

の演出をめぐって、年明けから議論・批判が続いている。

番組の中で、ダウンタウンの浜田雅功さんが…、

映画『ビバリーヒルズ・コップ』で刑事役を演じたエディ・マーフィのコスプレをした際、顔が黒く塗られていたことが発端となり、

 

「人種差別ではないか」

 

とSNSを中心に議論となったのである。

この話題を海を飛び越え!

 ▶アメリカのニューヨーク・タイムズは電子版『日本のお笑い芸人がブラックフェイスを使って炎上』

▶イギリスの公共放送BBC『ブラックフェイスの役者が出演したテレビ番組が怒りを買う』

 

と話題にした。

 

人種差別に疎い日本人として、

新たに考えなければいけない問題として大きく取り上げられている。

 

そんな最中、

グローバル企業が新たな試みを発表したのです。

 

★『カジュアル衣料大手H&Mが、広告の人種差別を受け多様性責任者を任命した夢叶なのだ!?』

f:id:mptvstaff:20180121002454p:plain

もし、

『ガキ使!絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』

が人種差別問題で話題にならなければ気にも留めなかったかもしれない。

 

もし、

『12人の怒れる奴ら』

を観劇した日でなければ気にも留めなかったかもしれない。

 

しかし、

この日に限って、世界中を駆け巡ったこのニュース!

 

▶H&M、多様性責任者を起用 広告の人種差別批判受け

 

 

ニューヨーク(CNNMoney) スウェーデンのカジュアル衣料大手H&Mは18日までに、「多様性と包括性のためのグローバル・リーダー」にアニー・ウー氏を指名したと発表した。

同社は先ごろ、「ジャングルで一番かっこいい猿」という文字が入ったパーカーのモデルに黒人の少年を起用した広告で人種差別との批判を受けていた。

H&Mはソーシャルメディアへの投稿で、広告については意図したものではなかったが、その件によって、世界的なブランドとして大きな責任があることがはっきりと示されたと指摘。同社の多様性と包括性への取り組みは本物であり、このため、世界的な責任者を任命したと述べた。

H&MはCNNMoneyの取材に対し、ウー氏の新しい職責がどのようなものになるのかについては明らかにしなかった。同氏は引き続き、従業員関連の世界的な責任者としての役目も引き受けるという。

H&Mの広告をめぐっては、南アフリカの店舗が抗議する人々によって被害を受ける事態も発生していた。

 

*1

 

『ガキ使』の制作陣も、決して人種差別を掲げるつもりではなかったことは明白である。

 

しかし、

SNS等を通じて、世界中が繋がっている時代。

 

気遣いが足りないと大きな問題へと繋がることが多々ある時代に突入したことも否めない。

 

エンタメを扱うクリエーターにとって…、

ほんとうに難しい時代がやってきたものだ。

 

そんな中…、

多様性と包括性のためのグローバル・リーダーを置くという新たな指針が示された。

 

吾輩には到底務まらない重責ではあるが、とても興味深い職責の誕生である。

 

近々…、

映画『12人の怒れる男』

をもう一度じっくり見てみたい衝動にかられたこの日に奇縁と呼ぶにふさわしいニュースとの出会いでした。

f:id:mptvstaff:20180121002324j:plain

 

 

(エムP)

 

 

『シングルベッド』

 毎日、毎日…

シングルベッドに1人で寝る。

慣れてしまえばなんてことないけど…、

一度でも、

愛している相手と狭いスペースで

寄り添って眠ったことがあると…、

人恋しくなることがる。

 

人種差別…、

そんな言葉を、

いつまでも発していることが…

一番悲しいことのような気がしてきた。

狭い空間でも寄り添って生きていく。

体温を感じて…、分け合って…。

支え合って…。

いがみ合うことなく…、

仲良く…。

 

 

【BEM】(バースディー・イブ・ミュージック) 

【BGM-IN】「シングルベッド」(シャ乱Q)

youtu.be

 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

*1:※CNN.CO.JP