『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★36団結目『2018年サッカーワールドカップ ロシア大会全出場国が決定!』【一致団結 浦井の1000人TV】

11月15日、来年6月に控えた2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に出場する32カ国が出揃いましたね。

 

欧州14カ国、南米5カ国、アフリカ5カ国、アジア5カ国、北中米カリブ海3カ国という内訳になった。日本は6大会連続6回目のW杯出場。

■欧州(UEFA)14カ国
ロシア(2大会連続11回目/FIFAランク65位)※開催国枠
フランス(6大会連続15回目/FIFAランク7位)
スウェーデン(3大会ぶり12回目/FIFAランク25位)
ポルトガル(5大会連続7回目/FIFAランク3位)
スイス(4大会連続11回目/FIFAランク11位)
ドイツ(17大会連続19回目/FIFAランク1位)
セルビア(2大会ぶり12回目/FIFAランク38位)
ポーランド(3大会ぶり8回目/FIFAランク6位)
デンマーク(2大会ぶり5回目/FIFAランク19位)
イングランド(6大会連続15回目/FIFAランク12位)
スペイン(11大会連続15回目/FIFAランク8位)
ベルギー(2大会連続13回目/FIFAランク5位)
アイスランド(初出場/FIFAランク21位)
クロアチア(2大会連続5回目/FIFAランク18位)

■南米(CONMEBOL)5カ国
ブラジル(21大会連続21回目/FIFAランク2位)
ウルグアイ(3大会連続13回目/FIFAランク17位)
アルゼンチン(12大会連続17回目/FIFAランク4位)
コロンビア(2大会連続6回目/FIFAランク13位)
ペルー(9大会ぶり5回目/FIFAランク10位)

■アフリカ(CAF)5カ国
チュニジア(3大会ぶり5回目/FIFAランク28位)
ナイジェリア(3大会連続6回目/FIFAランク41位)
モロッコ(5大会ぶり5回目/FIFAランク48位)
セネガル(4大会ぶり2回目/FIFAランク32位)
エジプト(7大会ぶり3回目/FIFAランク30位)

■アジア(AFC)5カ国
イラン(2大会連続5回目/FIFAランク34位)
韓国(9大会連続10回目/FIFAランク62位)
日本(6大会連続6回目/FIFAランク44位)
サウジアラビア(3大会ぶり5回目/FIFAランク63位)
オーストラリア(4大会連続5回目/FIFAランク43位)

■北中米カリブ海(CONCACAF)3カ国
メキシコ(7大会連続16回目/FIFAランク16位)
コスタリカ(2大会連続5回目/FIFAランク22位)
パナマ(初出場/FIFAランク49位)

 

 

組み合わせ抽選会は、12月1日!

本大会は2018年6月14日から7月15日にかけて、ロシア11都市12会場で開催。本大会の組み合わせ抽選会は12月1日に首都モスクワで行われます。

4年前のブラジルワールドカップに出場した日本代表は、予選敗退という結果に終わり選手もサポーターも悔しい想いをしました。

予選の対戦国も気になるところですが、どの国が相手だろうが先ずは予選突破をしてほしい!

 

 

過去3大会の映像と結果はこちら

 

▶︎2006年 ドイツ大会(予選敗退)

www.youtube.com

中田英寿選手をはじめ、小野伸二選手や中村俊輔選手など黄金世代と呼ばれる世代を、ブラジルの英雄であるジーコ監督が指揮を指揮をとるも、一度も勝利することができなかった、、、

 

 

▶︎2010年 南アフリカ大会(ベスト16)

www.youtube.com

本大会前の強豪国との親善試合では全て惨敗し、マスコミも諦めモードでしたが、本田圭佑選手が予選3試合で2ゴール1アシストの活躍でチームを牽引。

2002年日韓大会以来2度目の予選突破をする躍進。

 

 

▶︎2014年 ブラジル大会(予選敗退)

www.youtube.com

前回の2010年大会で活躍した主力がメンバーの8割を占め、本大会前の期待値が過去最高だったチームが、一勝もできず予選敗退、、、

改めて世界の壁を感じた大会でした。

 

 

現在、サッカー番組やインターネットニュースでは、ハリルホジッチ監督解任説や本田選手、香川選手、岡崎選手のBIG3が本大会に選ばれないのでは?など多くの憶測が飛び交っていますが、誰が監督だろうが、どの選手が選ばれようが、目的はただ一つ。

マスコミやジャーナリストが、日本代表が持つ力を本大会で発揮できるように、全力でサポートして、全力で応援する。

どうすれば日本国民が一致団結して応援できるかを考えてほしい!

 

2018年ワールドカップロシア大会で、過去最高の結果(ベスト8)を超えるよう、選手や監督、サポーター、日本国民が一致団結していきましょう!

 

(一致団結 浦井)