『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

第244回 MØ(ムー、と読みます)のMVが、過去の「何か」を呼び起こす「映像」だった(僕にとって)。動画が「ビデオ」と呼ばれていた時代に「ビデオ」に対して「偏愛」を抱いた映像がありました!…な【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】

 

MØ(ムー、と読みます)というアーティストのMVが、過去の「何か」を呼び起こす「映像」だった(僕にとって)。

動画がかつて「ビデオ」と呼ばれていた時代に、その「ビデオ」というものに対して「偏愛」を抱いた、不穏な映像がありました!

 

…な、

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】

 

 

f:id:ksmvintro:20171117213912p:plain

 

 

MØ(ムー、と読みます)は、こんなひと。

ムー (歌手) - Wikipedia

デンマークのシンガーですね。

 

その「When I Was Young」のMV、仕上がりがいかにも「ビデオ!」…この場合「VHS仕立て」と言っても良いでしょうが…な風合い。

 

「私が若かった頃」というタイトルなので、いまの「デジタルな感じのキレイな映像」ではないものにした、という、至極簡単な理由で作られた気がしますが…(涙・笑)。

 

見てみましょう!

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=QlPzqCqCpNE&feature=player_embedded

2017/10/26公開。

483,590回再生@2017/11/17

 

 

「ビデオの巻き戻し(VHSのことね)」とかが見て取れるので、そういう素材を実際に「VHS」で作って、デジタル的に完成に持って行ったのだろうとおもいます。

 

 

かつてわれわれも…

 

デジタル

(といっても、いまのように「データ」ではなく、デジタル収録のビデオテープでの収録・編集のことですが)

でキレイに作った「音楽ビデオ…そのころはPVと言ってましたが」を、VHSテープに「ダビング(この言葉も『死語』か!)」して、その「VHS画質」の映像を、元の「きれいな映像」に「所々挟み込んだり」「うっすら重ねたり」「全部『VHS画質』にしたり」して、楽しんで(笑)ました。

 

 

そんなことそ思い出す、このMØのMVでしたが。

 

そうそう、この「VHS画質」から思い出す!という、本日のメインご紹介映像は、これなのです。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

デヴィッド・クローネンバーグの怪作「ヴィデオドローム」(1982年のカナダ映画)。

音楽的な見地から言えば、ブロンディのボーカル、デボラ・ハリーが出ていることで、有名な映画。

 

クローネンバーグに関しては、こちらから。

デヴィッド・クローネンバーグ - Wikipedia

 

ブロンディは、こちらから。

ブロンディ (バンド) - Wikipedia

 

 

 

「ヴィデオ」(あえて「ヴ」と書きますが)の世界と現実界が「混濁」してくるさま、は、例えば、「ゲームの世界」と「現実界」、「SNSの世界」と「現実界」の差がなくなってしまうような感覚、を、先取り

 

(というか、これは、メディアと人間の関係性を考える上での、永遠の問題でありテーマであろうかと思います)

 

したような、内容なのです。

 

 

途中、その「ヴィデオ」の世界で登場する、ブロンディのボーカル、デボラ・ハリーの妖艶さが、むむむ、たまらん、という感じで。

 

 

「ヴィデオドローム」と言えば、みんな(誰だよ)が知っている「唇のアップが写っているブラウン管(死語)」が膨らんできて、それを見ている主人公の顔を覆うシーン

(上記紹介映像のサムネールになっているフレームが、その「直前」のシーンですね)

が、衝撃的だった!

 

なにしろ、わたくし映像大好きkkが通っていた大学

(芸術系でもなんでもないですが)

では、この「ヴィデオドローム」を授業で取り上げ、

「メディア」と「拡張現実」について語るという

(1985年のことでした)、

当時はなんのことやら、なことも、おきていたくらい、カルトな(!)人気を誇る映画でした。

 

 

 

…からの!

「裸のランチ」(1991年)。もちろん監督は、そのクローネンバーグ。

www.youtube.com

映像化不可能といわれた、ウィリアム・バロウズの同名小説の映画化。

たしかに、このクローネンバーグ版でも、映像化にはなっていないのかも。

 

ウィリアム・S・バロウズ - Wikipedia

裸のランチ - Wikipedia

 

この「裸のランチ」の Wikipedia 内、「ストーリー」の項目が面白くて…

本作には明確なあらすじは無く、非線形な物語であるが、それは作家としてバロウズの意図するところのようである。本書中のいくつかのイベントについては要約できる。

(引用そのまま)

…まあ、ストーリーがない(笑)と。ならば、この項目、いらねえな!(カミナリ風に)

 

ストーリーがないと、要約して伝えられない…つまりは、見るしかない!っていうことで、これぞ「映像の本質的意義!」と言えることでしょう(皮肉)。

 

 

そんなこんなで、MØに戻りますが…

 

 

この映像もよかったよ!

お口直しに(笑)どうぞ!

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=eU3hNCHpf5c

 

 

という、やや不穏方面に傾いた今日の…

 

See Your Music!

 

でした。

 

 

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】

 

 

なお、兄弟ブログである【おすすめ音楽ビデオ!】で紹介したMVや映像は、プレイリストになっています。

下のリンクがそれです。

www.youtube.com

最新回から第51回で紹介した、全874本が観れます!

(そんなに見れないって…)

 

このブログで紹介した映像も、当然見れるので…いちどぜひ!

 

 

ね、どうでしょう、BRUTUSさん…サウンドアンドレコーディングマガジンさん…ベストヒットUSAさん…

 

こんな視点のブログ、いいですよね?(自画自賛)

 

 

最近は…こういう風に、いろんな「観点」から、音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオを紹介していく「テレビ番組」とか、もうないしね!と思い。

 

かつて、テレ朝系でやってたときのMTVの1時間番組は、そんな感じで、「あー、この音楽ビデオを見たらいいのか!」って、一つの基準になってたなあ、と、思い出しました。

 

そんな気分で、毎回この

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】

を書いています。語り口の声は小林克也さんをイメージしてますが…。

 

 

このブログが、新しい音楽ビデオ・映像の発見の場になれば!と、思っていますー。

 

最後は、映像関連のブログもしくは番組らしく…

淀川さん調で…

「では、またお会いしましょ。さよなら、さよなら、さよなら…!」

www.youtube.com

(淀川さん、いいなあ…)

 

で、ついでに、わたくし川村ケンスケ a.k.a.映像大好きkkの「音楽ビデオ/映像論」を読みたい方は…

 

こちらもぜひどうぞ!

ksmvintro.hatenablog.com

 

今日のブログが、数日早く読めてたり、違う話題が触れられてたり、しています。

 

この「映像大好きkk a.k.a. 川村ケンスケ」は、こういうブログを書くことが専門ではなく、実は、いろんな種類の映像の仕事をしております。

それらの映像を、プレイリストにしてみました。

www.youtube.com

お茶のお供に、ぜひどうぞ。

 

ブログもぜひお読みください!

 

この、映像大好きkk が在籍している、「キャンプサイト」は、

インディーズ音楽の「映像」を専門に「公開」「制作」しています。

YouTube : kampsitejp  https://www.youtube.com/?gl=JP

Facebookも。 https://www.facebook.com/kampsite.co.jp/

ホームページはこちら。http://www.kampsite.jp

 

ぜひぜひ、よろしくお願いいたします!

 

>>>>>>>>>>>