『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【アニオタはかくしてLIVE演出家になった】41小節目♪「ついに公開生放送スタート!生主必見!!"雑談放送"にならない"中身のある"コンテンツを目指すのが『ななとび』流!!」

れらpです。
みなさん観ていただけましたか!?
9月21日にYouTubeLive1000人TVチャンネルで記念すべき第1回を生配信した「ななみるの!大空飛び越えちゃってアイドルロードまっしぐら☆」通称"ななとび"公開生放送。

f:id:rerarera_p:20170926205154j:plain

ご存知仙台アイドル7's milky way ☆(通称ななみる)が、初めてお届けした公式イベントにして初冠番組。

きっと皆さんこのリポートを心待ちにしていらっしゃることと思いますので!
今日はたっぷりとその舞台裏も含めて、ご報告しましょう!


■準備期間は約2か月!熾烈な戦いが繰り広げられるとってもダイハードなチャンネルに殴り込みをかけることにしたよ

この生放送番組の立ち上げが具体的に検討され始めたのは実は7月下旬のことでした。

 

最近は巷間CMも流され始め、少しずつ世間の認知も高まってきた「1000人TVチャンネル」というネット番組枠。


ご承知の通り東京のとあるスタジオから24時間発信しています。
曜日ごとにレギュラー番組があって、毎日日替わりで実にさまざまなコンテンツが送り出されているわけですが、実はこのチャンネル、いわゆる「業界」視聴率がやたら高いことで密かに有名なんです。

f:id:rerarera_p:20170926205228j:plain

なぜならここは「次世代タレント発掘チャンネル」。出演している俳優・女優・タレント・芸人・アイドル…みんな若手です(たまに気まぐれでビッグネームがスタジオに遊びに来て仰天したりしますが笑)
それぞれが次のステップに飛躍するため、各自のアイデアと裁量で番組内容を自ら決め、その放送の中で自分のタレント性を最大限アピールしてしのぎを削る。

 

そんな様子を、業界の大物プロデューサーやら映画監督、広告代理店関係者などが時折ふらりと見に来ては、「掘り出し物」を見つけて帰る…。

 

その代わり、つまらない番組は容赦なく打ち切られます。
視聴数が伸び悩んでいる番組、企画に改善が見られない番組、配信者(つまり出演しているタレント)に熱意が感じられない番組。
(もちろん出演者の単なるスケジュールの都合で終了する番組もありますが)

 

一見ほんわかマッタリしているように見えて、実は裏では熾烈なサバイバルが繰り広げられている、とってもダイハードなプラットフォームが1000人TVというチャンネルの正体なんです( ゚Д゚)

 

そんな「本気の戦場」に、ななみるのレギュラー番組を持たせて、彼女たちの真の実力を推し量ってみようか!?
というのがこの話の発端でした。

 

★戦場アニメといえば…!?異世界で自衛隊が世界を正す!★


TVアニメ『GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』 第2クールPV

 

アイドルの配信といえば、有名なのが「SHOWROOM」というプラットフォーム。
誰でも無料で簡単に配信を始められるし、もともと「アイドル枠」というかカテゴリーが確立されているので、世の中のアイドル好き(いわゆるドルヲタ)はSHOWROOMにフラッと見に来れば、たいてい誰かしらアイドルが配信している。
だから見られやすいし視聴数も伸ばしやすい。
時折行われるSHOWROOM内のランキング企画にエントリーして優勝しさえすれば、思いがけないご褒美も貰えたりする。

 

フツーに考えたら、こんなダイハードな(何回も言い過ぎ笑)1000人TVなんかよりよっぽど楽しいし(いろいろなものが)楽に稼げるわけです。

 

…でも、結論から言ってななみるは「SHOWROOM」ではなく「1000人TV」を選びました。

 

なぜ?
もちろんファンのため、そして自分たちが本気で戦うためです。


■課金制の配信は本人もファンもやがて疲弊する

ここはSHOWROOMというビジネスモデルの批判にならないように、慎重に文章を書かなければいけませんね笑
決してこうした仕組みを否定しているわけではなく、ただ「ななみるの考え方とは違った」というだけのことです。

 

SHOWROOM。一度でもご覧になったことのある方はよくご存じかと思いますが、ここでは「アイテム」という課金システムが威力を発揮します。
さきほども触れましたが、ここでは日常的に「ランキング企画」というのが設定されています。

www.showroom-live.com

何のランキングかといえば「歌企画」だったり「人気投票」だったり…。
要は、ある特定のジャンルでエントリーした生主たちがポイント(ランキング)を競い合い、優勝したら、たとえば「CDデビュー」とか「〇〇CM出演権」とか、場合によっては「ドラマ〇〇〇に出演できる」とかっていうご褒美(特典)を手にすることができるわけです。


もちろん、これはこれでよく考えられた仕組みだし、生主や、観覧しているファンのモチベーションにも直結する。

 

ただ、ランキング(順位)を上げるには、「アイテム」の投入が欠かせないのです。
この「アイテム」、全部有料です。下は1個100円レベルのものから、上は10万円(!)、30万円(!!)レベルのアイテムまで。(※多分アイテムの種類と金額は適宜変わる)

 

これ、全部観覧しているファンが課金購入して、生主の番組に「投げ込む」んです。
(「アイテム」は価格によってポイント換算され、ランキングに反映される)

 

当然、ご褒美(特典)の質が高ければ高いほどランキング争いも熾烈になるし、したがって応援している生主をその企画で優勝させるためには、観覧しているファンも躊躇することなくン万円単位でアイテムを次々に投入しないとそもそも勝負にすらならない。
そんな配信が、たとえば一か月続くわけです。

 

UIもうまくファンの自尊心を満足させるように出来ていて、画面の中心に位置するスクリーン(ここに生主が映っている)のすぐ目の前に「お立ち台」という場所が設けられていて、この課金アイテムをより多く投入した方のアバターが立てるようになっています。
逆に、あまりポイント稼ぎに貢献できていない方のアバターは後ろの方に回される。

 

★SHOWROOM画面サンプル…これは浅田春奈ちゃんの配信画面ですね笑★

f:id:rerarera_p:20170926205423j:plain

 

当然、生主の「認知」を得るには、課金アイテムをより多く投入して、常に「お立ち台」にいることが前提だ。
多分、1か月常にお立ち台にいるためには(もちろん観覧者の母数が数百人単位である前提ですが)最低でも10万円を下らない課金が必要でしょう。

 

以前僕が目の当たりにした、ランキング企画最終日の生配信における暫定1位と暫定2位のデッドヒートは、目の前で1個10万円単位の高級アイテムが数十秒間で乱れ飛び、結果的にそのたった2時間尺の配信で200~300万円の課金アイテムが積み上げられた。

 

もうこういうシーンを見ていると、お金の感覚が完全にマヒします。
1万円、2万円のアイテムが、100円、200円程度の価値観になってしまう。

 

おそらく大半のファンはクレカで即決済してこれらアイテムを購入していますから、後日クレジットカード会社から請求書が送られてきた時にびっくりして目が覚める。
(まあ分かってて好きで課金している強者はビクともしないんでしょうが笑)

 

生主は生主で、ファンに課金してもらってアイテムをどんどん投げ込んでもらわないと他の生主とのランキング争いに勝てませんから、どうしても「太客」を最優先で認知して、より多くの課金をしてもらうようお願いするしかない。
もうここまでくると、番組内容なんてどうでもよくて、とにかく太客に気に入ってもらえるようなことしか言わなくなるし、場合によってはちょっとセクシーなものを見せたりして気を引くようになる。
当然ながら、可処分所得の少ないファンの方は、アイテム投入したくてもできませんから、生主の認知も貰えなくなる。

 

こんなことを続けていたら、いったい何のために配信して、誰のために頑張っているのか?次第に分からなくなる。
それに、アイドルを純粋に応援してくださるファンの方たちのためになっているかというと、ちょっと疑問符が付く。無理やり課金させて、言葉は悪いが「お金で認知を得る」…。
…そんな恐れ、というかリスクも、確実に出てくるのがこのSHOWROOM、という世界。

 

ななみるメンバーは、そんな「課金前提」のプラットフォームで勝負することを潔しとしなかった。
実にサムライですねぇ笑


■ななみるにしかできない番組ってなんだろうね…!?が企画検討の出発点

そんなわけで1000人TVを選んだななみる。


もちろん、配信プラットフォームといえば他にも「ニコ生」「ツイキャス」いろいろあるわけですが、ニコ生は「ニコニコ動画」のアカウントを持っていないとそもそも観られないし、ツイキャスは謎の「レベルシステム」というのがあって、生主が一定の配信レベルに達するまで(それは配信回数だったり、視聴数、アイテム数を合算したポイントなどで決められる)映像を見せられない、とか音楽を聴かせられない、とかいろいろ制約があって(しかもどちらも広告、とかアイテム、とか結局課金が発生する)、程度の差こそあれSHOWROOMのリスクと同じ問題が最終的に発生する。

 

結局いまユーチューバーが一番見られているのは、YouTubeというプラットフォームが、視聴するにも一切課金が必要なくて、純粋に中身、というかコンテンツで勝負できているから、なわけですから、YouTubeLiveをベースにする1000人TVがななみるの配信にとっては一番しっくりくる、という結論に至ったわけです。

 

たかが配信、と思うなかれ。


「ななとび」がSHOWROOMでもなく、ニコ生でもなく、ツイキャスでもなく、YouTubeLiveで配信を始めたのにはここまでの明確なポリシーがあったわけです。
そして「中身で勝負する」っていう1000人TVのダイハードな(何回目だ笑)コンセプトも、彼女たちのストイックな姿勢に一番ぴったりだった。


そんなわけで。
まずは配信形態の検討。

 

1000人TVは、東京のスタジオで「リビング風の」セットだったり「和室(→畳に障子というちょっと他にないシチュエーション)」で配信していますが、じゃあななみるは!?

 

やっぱり「アイドル」ですから、自分たちの活動を「観せて(魅せて)」ナンボだよね。
じゃあ配信で観てもらうだけじゃなく、その様子を「生で」お客さんに観てもらおう!
番組に取り組むその光景そのものが既にエンターテインメントとして、コンテンツとして価値がある。

 

じゃあ「公開生放送」だ!

 

ってことで、ここまではアッサリ方針が決まりました。


■会場、機材、演出、配信コントロール…新番組を始めるには途方もない準備を乗り越える必要がある

問題はその会場。
なんせななみる、今のところ事務所がありません。ましてや専用劇場を持っているわけでもない。


でも、公開生放送するからには、それなりにアクセスが良くて、不特定多数のお客さんを迎え入れられて、かつネット配信のための環境が整っていて、アイドルにふさわしい見た目、というか内装のある場所じゃないといけない。
しかも、普通に「貸しスペース」じゃあ背景も殺風景だし、そもそもランニングコストが掛かり過ぎて持続性が見込めない…。

 

…いや。そんな都合のいい場所、あるわけないじゃん…。

 

と思ったら!!

 

ありました笑!!!仙台スゲーわ笑

 

『サブカルチャーSpace & Dining NITENGO(ニテンゴ)』

f:id:rerarera_p:20170926205513j:plain

仙台市の中心部、東北一の繁華街・国分町の一角にあるとっても「サブカルな」お店。
その名の通り、店内はアニメやゲーム、アイドル関連の内装で敷き詰められ、時折そっち関連の店内イベントが頻繁に行われている、まさに仙台サブカルシーンを代表する、とってもオタク心をくすぐられるお店があったのです。

 

★こんな感じの店内ですね…フィギュアとかフツーにあります笑★

f:id:rerarera_p:20170926205533j:plain

 

このニテンゴさんを見つけてくれたのがメンバーの白鳥花恋さん。

 

もともと彼女はこのお店で行われていたアマチュアイベントの常連さん。
ってことでオーナーとも最初から面識があって。

 

僕のツイッターも少し前にフォローしてくださっていたので、何の疑問もなくさっそく突撃(笑)

 

ななみるが新番組を立ち上げることを決めてから、半月後には企画書を携えてご相談に伺ってました。
お会いしたオーナーもとっても良い方で、ななみる結成の経緯もよくご存じで「うちでお役に立てるなら」と会場提供を快諾してくださいました。

 

かちょーさん!絶対にニテンゴのキラーコンテンツに育て上げますね!


続いて配信に絶対不可欠の「カメラ」。


これも、1000人TVのヘッドクオーターを通じて、「kodak」さんというカメラメーカーが、最新の360度4K-VRカメラを提供してくださることになりました。

 

★これがその最新カメラ!ご覧の通り手のひらサイズの超小型で観覧の邪魔に一切ならない★

f:id:rerarera_p:20170926205606j:plain

4Kですよ!? VRですよ!?
要するに4Kという、今の時代最高の画質で、360度会場全体を見渡せ、YouTubeを通じて視聴してくださっている方が、自由に画角を決めて観ることができる、という恐るべきスペックを持ったカメラです。
(分かりやすくいうと、観ている人が好きなように推しメンバーにカメラを固定して見続けることも、キャスター席の反対側の風景をグルリと振り返って映すことも自由自在、ってことです)

 

まさにテレビでは絶対にできない、ネットならではのインタラクティブシステム。
まああまりにもカメラのスペックが高すぎて、第1回放送では敢えて360度画角を封印し、配信速度を遅くして画質をダウンコンバートして安全策を取ったわけですが、そのうちフルスペック配信をしてみたいなと思っています。
(その前にメンバーに4K用のメイク術を受講してもらわないと、毛穴の一つまで映されるっていうね笑)

 

kodakさん、本当にありがとうございます!

 

★いわゆる「提供読み」も無事にこなしました★

f:id:rerarera_p:20170926205639j:plain


さてここまではどちらかというとハードの話。
実は、大きな問題がありました。

 

そう、肝心のメンバーたちが、今まで「配信」とか「番組出演」なんてものを一切したことがない、という事実。


そもそもデビューしてないですからね、そんな経験がないのは当たり前なわけですが、「戦場」は1000人TV。
レベルの低い配信には、アッサリと死刑宣告(番組打ち切り)が下される、というダイハードな(←笑)プラットフォームで、果たして配信未経験者のななみるはマトモに戦えるのか…!?

 

ということで先日東京に遠征して、それぞれが番組配信の経験値を積む、という修行を行ってきたのは既報の通り。

www.waja-next.com

 

最初は借りてきた猫状態だったのが、よりにもよって24時間配信という強制ドーピング(笑)によって、最後は吹っ切れたかのように配信を楽しんでくれていました。

 

これならいけるか…!?

 

「自分たちの配信が楽しみだ!」としきりに言っていたので、「強化合宿(?)」も実を結んでくれることを信じることにしました。


そして最後の関門は…


1000人TVの仙台からのリモート配信コントロール。

 

再びハードの話に戻りますが、もともと東京のスタジオから配信している1000人TV。基本的な配信システムはすべて東京にあるわけです。しかも24時間稼働している。
今回、仙台から1000人TVを配信する、っていうのは、口で言うほどたやすいことではないわけです。

 

要は、ある特定の時間帯だけ、東京コントロールにカットインして仙台コントロールの支配下に置き、ふたたび東京コントロールに事故なく戻さなければならない。
いや、普通に考えたら「ななとび」の配信中も東京にオペレーターが待ち構えていて、仙台と手動で遣り取りすればそんなに難しい話ではないんですが…。

 

なんせこの番組、1000人TVで唯一レギュラー番組のなかった「木曜日」に編成されていますからね。
東京のスタジオは「木曜日はお休み」なんですよ…人がいない(爆)

 

あまりにもシステムが高度化されていて、無人でも配信できるようになっている。

 

だから、自動化された東京のオペレーションに仙台が割り込むためには、この配信システムを再構築する必要があって。
「ななとび」の配信数日前に、僕がテスト配信を何度か繰り返していたのはその設定のためでした笑
(誰にも告知していなかったのに、思いがけずテスト配信をご覧になった方、超激レア配信ですよアレ笑)

 

まあそんなこんなでようやくいろんなことが整って、いよいよ配信当日を迎えたわけです。


■魅力爆発!?3人の個性を際立たせる構成・演出は、アイドルななみるを育てることができるか!?

放送が終わって何が嬉しかったって、会場にお越しいただいた観覧者の皆さんが、口を揃えて「面白かった、次回もぜひ来たい!」と言ってくださったことです。


メンバーも、怒涛の勢いで流れてくるチャットに目を白黒させながらも、その書き込みが嬉しくて仕方がない、自分のリアクションに会場のお客さんが目の前で笑ってくれたり、拍手をしてくれたりするのが本当に幸せ、と口々に反省会で語ってくれました。

 

★普段のメンバーとは一味違った表情が炸裂★

f:id:rerarera_p:20170926205829j:plain

 

そう。今回の初配信で彼女たちが理解したのは「自分たちでも誰かをほんの少しでも楽しませることができるんだ」っていう事実。

 

もちろん、当日本番を迎えるまで、メンバーたちはまず番組内容を考え、構成を検討し、必要な小道具を準備し、台本を覚え、そしてその台本に「(ここはフリートーク)」と書かれた部分で何をしゃべろう…って必死に考え、何度も何度もシミュレーションしてきました。


事前にニテンゴさんに足を運び、いわゆる位置決めやら、照明の当たり具合のチェックやら、そのほかいろんな仕込みもやってきました。


公開生放送の事前告知も何度も何度も繰り返し、少しでも多くのお客さんに会場に足を運んでもらえるよう、アレコレ悩んだり一喜一憂したり。

 

当然その過程において、何度も打ち合わせの機会を設け、メンバー間で真剣に意見を戦わせたり、その結果として泣いたり笑ったり怒ったり…。
実に忙しかった(いろんな意味で)笑

 

たった1時間の番組を作るために、これだけの時間と労力を費やして、本当に本当に、真剣に準備してきたのです。

 

だから、まず会場に来てくださったファンの方たちから花束を贈られた時、僕実は個人的に「あーヤバいなー」って思いました。
だって多分本人たち泣いちゃう笑
(特に泣き虫キャラ1人いますしね)

 

★そしてこれが「ななとび」第1回放送!まだご覧になっていない方はぜひここからご視聴ください!★


【本日初放送!】ななみるの!大空飛び越えちゃってアイドルロードまっしぐら★【公開生放送】

 

そして、放送をやり終えた時、結果として実にたくさんの方に視聴していただいたうえにメールやチャットで絡んでいただき、会場に来ていただいた方々に「楽しかった」と言っていただいたことが、本当に彼女たちの心に「たからもの」のように染み入ったことは想像に難くありません。

 

さらに…実は放送の後、ご来場の方にはさらなるイベントが待っていました。


そうです!
会場に来てくださった方だけが楽しめる「アフタートークイベント」ななみる史上初の!公式イベントが待っていたのです。

 

だって「公開生放送」ですから、直接会場に来てくださった方には、放送以上の「お得な体験」をしていただかないと意味がないんです。

 

アフターイベントのメインコンテンツは「チェキ会」。
アイドルの接触イベントではお馴染みの企画ですが、なんせ彼女たちにとっては「初めて」ですからね。

 

一番段取りをよく知っているのは僕、っていうレベル笑

 

どうやって受付すんの?チケットの授受は?精算は?誰がシャッター切るの?全体の段取りは…!?
(で結局チェキ=インスタントカメラ=の操作方法を一番知ってたのはご来場のお客さんで、最終的に教えてもらった、というオチが付いたというね笑)

 

まあでもそこそこスムーズに運営できたんじゃないでしょうかね笑
初めてだから、会場のファンの方も皆さん温かく見守ってくれましたし笑

 

もちろん、最初と最後はちゃんとメンバー並んでご挨拶させていただきましたよ。
グダグタじゃなくて、ちゃんとイベントしよう、ってことで、この「挨拶」だけはキチンとしようね、ってみんなで決めてたんです。

 

あと、実はななみるデビュー曲も!
会場にいらっしゃった方だけに、初めて!MVを披露させていただいたんです(実はもう完成してるんです)。


まあ音はね…パソコンの貧弱な内蔵スピーカーで再生しただけなので、僕としては本当はもっとちゃんとした音響の中でお聴きいただきたかったんですが、それでもこの方たちには一番最初に聴いていただかなきゃいけないだろう、ということで披露させていただきました。


メンバー3人の歌割ももうすぐ完成しますので、そうしたらミックス・コール、ファンの皆さんよろしくお願いしますね!

 

もうすぐ、ボールをそちらに投げますよ!!

 

とにもかくにも、こうしてななみる史上「初」づくしの夜は更けていったのでした。
このひとつひとつの経験が、彼女たちを今後、よりアイドルらしく育てていくのでしょう。


■てことでアイドルロードまっしぐらなのだ!!

実際のところは、事前に用意した台本に書かれていることが、ぜ~んぶ頭からすっ飛んであたふたしたり笑、モニター画面が番組本番中に想定外にシャットダウンされて次の構成が読み取れなくて慌てたり笑、まあその辺はご覧になった方はよくご存じかと思いますが、それでもなお、ななみるメンバー3人の魅力は存分にお楽しみいただけたのではないかと思います。

 

★こちらが番組台本(一部)★

f:id:rerarera_p:20170926205935j:plain

 

愛子あやめさんも「あやめえりか」に改名発表!とか、ななみるの重大発表はみんなこの「ななとび」でやっていくことになりそうです。


ちょっと評判だったあのコスプレも、少しでも「特別感」を出したい、っていうメンバーの意欲の表れです(あのチョイスも一人一人すったもんだやあーだこーだありましたけど、またそれはメンバーに会って直接聞いてみてください笑 他愛のない笑い話ですから)

 

★各自ツボを押さえたコスプレ!えりちは自衛隊好きが判明★

f:id:rerarera_p:20170926210022j:plain

 

いずれにせよ…。


今回会場にお越しくださったファンの皆さん、そしてななみる史上初のチェキ会「鍵開け」をしていただいた方、『ななみる史』に刻まれます笑


初めてプレゼント(花束)をくださった方も、刻まれます笑


初めて番組にメッセージをくださった方も、刻まれます笑


そのほか…今回いろいろな「初めて」をくださった、多くのファンの皆さん。
メンバーは皆さんのことをおそらく、この先も絶対に忘れることはないでしょう。

 

次回の放送は10月12日(木)。
既に、番組内容の打ち合わせは始まっていますよ。
この調子なら、第2回放送も存分にお楽しみいただけることは間違いないでしょう!

 

これからも全力で、ななみるは「大空飛び越えちゃって」「アイドルロードまっしぐら」に進んでいきますよ笑!!

 

乞うご期待!!