『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★243鐘目『中野量太監督作品が!?モデルプレスTV出演者が選んだ泣ける映画ベスト30と米国アカデミー賞出品に選ばれたでしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

f:id:mptvstaff:20170908000844j:plain

モデルプレスTV出演者と言えば!

可愛くて、

美しくて、

スタイルが良くって、

映画好きが多かった!?

そんな!!

★モデルプレスTV出演者が選んだ泣ける映画ベスト30

邦画でランクインしていたのは…、

26位「BRAVE HEARTS 海猿

 

※同票

26位「君の名は。

eiga.com

 

※同票

26位「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」

eiga.com

 

※同票

18位「タイヨウのうた

eiga.com

 

※同票

18位「LIMIT OF LOVE 海猿

eiga.com

 

※同票

18位「マリと子犬の物語

eiga.com

 

※同票

18位「余命1ヶ月の花嫁

eiga.com

 

14位「恋空」

eiga.com

 

※同票

14位「天使の恋

eiga.com

 

※同票

9位「ソラニン

eiga.com

 

※同票

9位「秒速5センチメートル

eiga.com

 

4位「世界の中心で、愛をさけぶ

eiga.com

 

 

3位「永遠の0」

eiga.com

 

 

★イケてる大人計画の女優・風谷南友さんも大泣きしました!!

2位いま、会いにゆきます

eiga.com

 

驚くべきことに!!

30作品中、14作品も邦画が選ばれていたんです。

ステキな女性が涙する作品…。

ぜひ、参考にしてくださいね~~。

 

そして、

このアンケートを実施した時にはまだ上映中だったというハンディーを跳ね返して!

『湯を沸かすほどの熱い愛』

が15作品目としてランクインしていました。

 

今度は米国アカデミー外国作品賞に殴り込みをかけます!!!

 

「ん~~~、実に素晴らしい!!」

 

 

★★★

 

★(1年前…)2016年9月6日の夢叶は、『佐賀県の現役女子高生・木下晴香さん』でした。

 

 

 

ブログをはじめて早1年半以上!

最も多く登場している話題は!?

▶2016年!吾輩の心臓を撃ち抜いた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』

 

なんと!?

 

『湯を沸かすほどの熱い愛』というワードが登場した回数は!

 

7回!!!

 

▶第一回

 

▶第二回

 

▶第三回

 

▶第四回

 

▶第五回

 

▶第六回

 

▶第七回

 

手変え品変え…、

何度も書きまくっていました。

 

それほど、吾輩の映画人生に影響を与えた珠玉の邦画であることは間違いありません。

★『モデルプレスTVの出演者が選んだ泣ける映画ベスト30!!

業界用語ですが『F1』が集まったね蹴る映画ベスト30でも見事にランクイン!

果たして第何位にランクインしているのでしょうか!?

 

▼▼▼気になる方はチェックしてみてください▼▼▼

 

見る者たちを!?

泣かせ続けた映画『湯を沸かすほどの熱い愛』が!?

今度は世界に挑戦することになりました。

 

★『中野量太監督作品「湯を沸かすほどの熱い愛」米アカデミー賞に出品決定がした夢叶なのだ!?』

 

中野量太監督!宮沢りえ主演の『湯を沸かすほどの熱い愛』が、第90回アカデミー賞外国語映画部門の日本代表に決まったことが、日本映画製作者連盟から発表されました。

 

中野量太監督は…、

自ら借金をして自主製作に踏み切った映画『チチを撮りに』がベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で上映されたのがキッカケで注目を浴びた新鋭監督。

 

商業映画デビュー作となった『湯を沸かすほどの熱い愛』は、家族の絆と真実の愛を余すことなく描き切った超~感動作品です。

 

第40回日本アカデミー賞において、

▶宮沢りえさんが最優秀主演女優賞

▶杉咲花さんが最優秀助演女優賞

を含む6部門で受賞する他、数々の映画賞を席巻する快挙を達成。

 

アカデミー賞外国語映画部門は…、

第81回で受賞した『おくりびと』(滝田洋二郎監督)以降、日本映画はノミネートされておらず、9回ぶりのノミネートへの大きな期待がかかっています。

 

第90回アカデミー賞外国語映画賞のノミネート候補作は9本!!

発表は2018年1月上旬。

当面の目標はこの9本に選ばれること!!

最終ノミネート作は5本!!

この発表は1月23日。

 

そして、栄えある受賞作品1本は!?

3月4日に開催される米国アカデミー賞授賞式で明らかになります。

 

中野量太監督の修羅場が見たい!

中野量太監督の涙が見たい!!!

 

吾輩!心から祈ってます!

 

遅れましたが…、

『チチを撮りに』

も見ましたよ~~~。

 

f:id:mptvstaff:20170908005657j:plain

 

 

この作品も家族の絆を描いた作品。

(※作品の内容には敢えてふれません。)

 

中野量太監督が描きたかった!

伝えたかったことが一杯詰まっていました。

 

最後のオチ!?

相変わらず笑わせていただきました。

 

マグロ好きは必見です!!

 

さぁ~~!

続いては…、

 

感動の受賞と

思ったら

そこは修羅場だった

 

『外国作品賞を獲りに!』

 

世界中に人たちを泣かせましょう~。

 

(エムP)

 

 『結婚しようよ』

 心の底から…、

「結婚しようよ」

この言葉を伝えたい。

そんな相手に出会えた人は幸せです。

この幸せをいつまでも続けること…。

結婚は墓場だなんて~~。

とんでもない!

結婚は新たな幸せの第一歩です。

 

【BEM】(バースディー・イブ・ミュージック) 

【BGM-IN】「結婚しようよ」(吉田拓郎)

youtu.be

 

 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。