『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【鈴山キナコ★かわいいオトナ】小林麻央さん追悼ブログ

デコにちは★今日は初夏にふさわしい、ミニチュアかき氷&オレンジジュースのセッティングから。テーブルに見立てたCDで、サイズ感も伝わりますか?

かき氷は透明粘土+タミヤカラー。コースターはボタンを使用しました。
オレンジジュースは、レジン+タミヤカラー。ストローはしま模様のクリップをニッパーでカットしたものです。

f:id:konekonosippo:20170623225746j:image

f:id:konekonosippo:20170623225818j:image

f:id:konekonosippo:20170623225758j:image

 

 このオレンジジュースは。。
6/22に天国へ旅立たれた、小林麻央さんへの「追悼」作品です。

 

 麻央さんの最後のブログタイトルが「オレンジジュース」だったから。
私はいち読者として、毎日欠かさずブログを拝読してました。オレンジジュースが美味しかったと、かわいい笑顔を見せていた、あのブログがさいごの更新になるなんて。。
 
麻央さんのブログを読むようになったきっかけは。自分の過去にあります。
本当に情けないエピソードですが。私自身、8年ほど前、ふとした検査で「子宮頸がんのクラス3a」と診断されたことがあり、そのとき自分を取り巻く世界が一変したことがありました。

がんの進行は前段階として、クラス1~5があり、その先にがんとしてのステージ0~Ⅰ~Ⅳがあります。クラス3aは「疑陽性」というグレーゾーンなんですが、その程度の結果でも、がんと自分が結びついたことに驚き、青天の霹靂というか、寝耳に水というか、もう頭を殴られたような衝撃を受けました。

 そんな私ですから、乳がんのステージⅣの最中にあってなお、気丈にブログを更新し続ける麻央さんを、すごい人だと思いました。

 

「どうしたら、苦しみの中で、こんなに輝いていられるんだろう?」ひそかに寄せた関心が、いつしか麻央さんをブログ上で追いかける、ファン心理に変わってゆきました。

  

病床六尺。これが我世界である。

これは結核から脊椎カリエスを患って床に伏していた歌人・正岡子規の晩年の随筆ですが、贅沢三昧で病気を悪化させ、文句ばかりだった子規とはちがい、現代に生きた麻央さんは、病床六尺の世界からインターネットという文明の利器を使って、読者に夢や希望や憧れを与え続けていました。

 

 麻央さんは、「病人」ではありませんでした。

 麻央さんが着てるパジャマから、私は「ジェラートピケ」というトレンドを知り、麻央さんが痛みを緩和させるために愛用していた、冷え予防のお役立ちグッズである「玄米カイロ」を「いいな」と思い、すぐに自作してみたり。

 

麻央さんが愛用しているもの、紹介するものは、いつも検索ワードの上位にのぼり、商品も売れていました。

みんなが麻央さんに注目し、麻央さんが使っているものを自分も使ってみたい、私も欲しいと、病床の麻央さんに、敬意と憧れをもってキラキラと注目していたのです。これは、かつてみたことがない現象でした。


 末期がんの病床にあって、毎日の更新。美味しい食べ物を教えてくれたり、日々の気づきまで与え続けてくれた、小林麻央さん。本当に素敵な女性です。私は尊敬の念でブログを読み続け、どうか良くなって欲しい、もっともっと生きて、いろんなことを見たり触れたりして、それを私たちに伝えてくれたらと、願っていました。
 

 麻央さんのブログを読むたび、私は8年前に自分の世界が変わったことを、思い返していました。なにが起こってもメンタルを強く持って、書くことのネタにしてやろうくらいに考えていた強い自分が「病気」という予想外の宣告を受け、そのメンタルは一気に崩れました。

 

 旦那はんは、私の「嘆き」に飲み込まれ、がんが進行していったときに備え、手術や食事などの知識を検索。母は親戚の漢方薬剤師に、連絡。ただの顔見知りていどの人が、「一緒に考えましょう」とメールをくださり、歩み寄ってきてくださり、いっきに大親友になり、、、。

「アポトーシス」など、家の中に専門用語が飛び交います。昆布の成分「フコイダン」がガンに効くと知り、わらをもすがる思いで注文したり、旦那さんは昆布のお吸い物、昆布と豚肉の煮付け、昆布サラダ、と、昆布料理ばかり作ってくれるようになり。

いったいあの騒動は、なんだったんだろうかと、思い出すだに恥ずかしくなります。

まぁ、これが自分なんだろうなー。。。(遠い目)


 
こんな体験とは、くらべものにならない巨大な壁を前にした、麻央さん。しかし最初は、ただただ、戸惑いや哀しみにうちひしがれていたといいます。
 
あるときから、病における自分のあり方を、自問自答したそうです。

ブログを書き始めよう。

自分が理想とする、強い女性としての自分の姿を、日々、刻み続けよう

と。海老蔵さんはじめ、ご家族のかたも、麻央さんがブログを書き始めたときは、その覚悟に驚かれたようです。
 
麻央さんが、覚悟を決めるきっかけになったことのひとつに、ある「詩」との出会いがあったと書かれていました。亡くなる約3週間前に、「蝶」というタイトルで綴られた回でした。

それは麻央さんが、乳がんの告知を受けた頃に出会った、乳がん治療のエキスパート医師である山内英子さんの著作「乳がん(よくわかる最新医学)」の中で紹介されていた、Dr.チャールズ・E・コックス氏(このかたは詩人ではなく、やはり乳がん治療の権威と呼ばれる医師です)が、患者さんを想って書かれた詩でした。

 

乳がん (よくわかる最新医学)

乳がん (よくわかる最新医学)

 

 

麻央さんのブログのおかげで、今まで知らなかったこの詩に出会うことができ、例の犯罪被害※で生活を乱されていた私にとっては、おおきな「救いの詩」になりました。

 

それは、こんな詩でした。



転身  ー蝶よりバラへー

    Dr.チャールズ・E・コックス

 

乳がんの診断を受けたばかりの
患者さんは まるで蝶のようだ
逆風のなかで 翻弄する 

並はずれた美しさを身にまとった蝶―

その世にも恐ろしい体験の渦中で 
進むべき道が見あたらないときも
未知のゴールを目指し 
蝶たちは突き進んでいく

f:id:konekonosippo:20170624011255j:plain

 

その飛行は 滑らかで勇ましくもあるが
ときに早期の終焉にたどりつくこともある

だが その飛行を耐え抜き 
生き延びたものたちは
種を守り抜く決意と義務によって変容する

その時点で 彼らはバラに生まれ変わる

威厳があって美しいが 
まだどこかはかなげで
蝶の時代に吸っていた 
甘い花の蜜に満たされている

 

f:id:konekonosippo:20170624013738j:plain

 

逆境によって産み出されたとげが
生命維持のため 
花に降り立つはかなげな蝶たちに
尽きることのない回復と庇護の源を与える

 

それは 私がこのうえなく尊敬する女性たちの
人生における華麗なる変容だ

いかにも それは転身である」

 

~ 中略 ~


「蝶やバラに囲まれて過ごすことは 喜びである

ときに混沌として 心痛むこともあるが

おおかたは美しい 価値のある時間である

 

人生は 誰の上にも悲しみや絶望をもらたす
しかし 私は希望し続ける

われわれすべてが 人生のもう一方の産物である
美しさや希望ばかりを抱き続けることを」

 

(山内英子/著 「乳がん(よくわかる最新医学)」より抜粋)

 

f:id:konekonosippo:20170624002346j:plain

 

麻央さんも書いておられたように、乳がんだけでなく、すべての苦しみに憔悴する方に、苦しみを受け入れて、転生する覚悟を教えてくれる、力強い詩です。

 

 この詩に出会えて、本当によかったと思います。

 

小林麻央さんのご冥福を、お祈りいたします。

 

 

 

 

 

※(ホーディング障害について)↓↓

 

www.waja-next.com

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

クレイアーティスト・鈴山キナコは粘土でお菓子やレストランメニュー、犬、猫など可愛い世界を作り続けています。

 

 f:id:konekonosippo:20170624005855j:plain

鈴山キナコ★ホームページ
http://rakiraki-chan416.wixsite.com/animaldeco

 

鈴山キナコ★日々更新インスタグラム
https://www.instagram.com/kinakosuzuyama/

 

鈴山キナコ★Twitter
https://mobile.twitter.com/decoribito

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

盛りデコ帽を脱いだら「末永直海」に戻って

本業である小説を書きます。

(キナコに変身してる時間のほうが長いので、もうどっちが本業だか?)

 

末永直海★ホームページ(文学・エッセイ)
http://rakiraki-chan416.wixsite.com/suenaga

 

★10代でスポニチのライターとしてデビュー。20代でセクシータレント(イレブン大賞受賞)、舞台女優、漫画家、30代で全国巡業歌手、、破壊と構築を繰り返し、芸歴36年です♬

 

末永直海★Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/末永直海

f:id:konekonosippo:20170624000656j:plain

 

メッセージはこちらへ

gajigajiusagi@yahoo.co.jp