読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===ご意見、ご要望は!dream@waja.giftまでお願いします。===

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】第48回 Gorillazの音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオが、複数いっぺんにドロップされてました。いい音楽ビデオがなかなかなくて、結局いつも気になってしまうのが、こういった「Audio Only」的なしつらえのものか、もしくは、「リリック・ビデオ」のようなものである…そんなふうに思えるのは、わたし、川村ケンスケ、だけでしょうか?

Gorillazの音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオが、複数いっぺんにドロップされてました。いい音楽ビデオがなかなかなくて、結局いつも気になってしまうのが、こういった「Audio Only」的なしつらえのものか、もしくは、「リリック・ビデオ」のようなものである…そんなふうに思えるのは、わたし、川村ケンスケ、だけでしょうか?

 

f:id:ksmvintro:20170426003803j:plain

このひとたち、このブログでは、取り上げ済みではありますが…

ゴリラズ - Wikipedia

 

さあ、はたして、どんな音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ、なのか!

見てみましょうね!

www.youtube.com

 

見ましたか?…

 

どうですか?

 

いまや、音楽を聴くだけ

(もちろん、目はスマホとかのスクリーンを見ているわけですが…)

…なら、こういう種類の映像で、まったく十分!な気がしませんか?

 

(…そういうと、映像制作者の端くれとしては、とってもとっても、さびしい気がしたりもするわけなのではありますが)

 

昔からおもっていたのですが…

ksmvintro.hatenablog.com

…で、取り上げたように、ブライアン・イーノが作った「アンビエント・ミュージック」、そして、その映像版を目指した、イーノ自身による「映像」…まるで、絵画のようで、壁にかけられるテレビモニターがあったら、それこそ絵画のように「壁にかけて鑑賞」という美術品のような…

 

そんな映像が、好きでしたし、

そういうふうに「買い手に届けられるような『映像』」ってないもんかねえ、なんて妄想もしてたもんですから。

 

そしてそれ以前には、

音楽そのものを「装置」や「置物」にしてしまおう、という、「家具の音楽」だっけ、エリック・サティの。

 

あ、最近知ったのですが…

音響の彫刻、っていうのもあったんですね。坂本龍一さんの新作「async」のライナーノーツ(ライナーノーツがある、っていうのが、いまどきめずらしいね)…

f:id:ksmvintro:20170426004802j:plain

…に、音響彫刻のことも、書いてあったなあ。

 

このことは、後日また取り上げたいですが。

 

サウンド&レコーディング・マガジンの先月号今月号に、さらに詳しいライナーノーツっぽいものが載ってた。これもなかなか興味深く。

f:id:ksmvintro:20170426005022j:plain

坂本龍一の話は、音楽の「置かれ方」、そしてそこから妄想できる「映像の置かれ方」を考える向きには、必読の内容かと! 

 

 

と、

Gorillazにもどって…

 

同時にドロップされた、同じ曲の「ミックス違い」というか「リミックス」が、これまた同じコンセプトの音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオ、に仕立てられていて…

www.youtube.com

これも、このまま、見て、聞きたいね。

 

音がなくても、見ていられる。キレイな映像、なんですよね。

 

 

このさき、映像は…

スマホ」からも離れて、例えば、絵画のように「壁にかけて」おいたりして「所蔵」できるものなのか?

 

家具のように、置いておけるモノなのか?

 

インスタレーションとか、美術館の「箱」のなか、とかではなく、

例えばまるで、写真や絵画のように、「手にできる」ものなのか?

 

そういう形になっていったときに、

「映像」ははじめて、「音楽や装置」から「離れて」、「単独に」「映像」というかたちで、存在できるようになるのでしょう。

 

そんなふうに妄想いたします。

 

あ、でもね、

スマホ(とか、タブレットとか)は、すでにその方向にかなり近いデバイス、ではあるのでしょうね。

 

 

つねにいろんな人が、スマホを肌身離さず持ち歩いて、それに見入っていて。

 

YouTubeのプレイリストで、そういう…

「映像が、音楽の助けもなく、独立して見えているような『映像』」

…があったら、

 

それを、iPadで流し放しにして、そこにただ置いておく…そんなふうに映像を扱ってもらえたらいいな…と思います。

 

ところで、

そういう映像って、いったいどんなものなんだろう?

 

そう考えたとき、「あ、これか!」と思うのが、今回のGorillazの音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオだったり、普段よく紹介している「リリック・ビデオ」だったりしている気がしているのかもしれません。

 

そっか、そういうことか。

 

それが、音楽ビデオ/MV/ミュージック・ビデオの行く先、なのかもしれませんね。

 

と、かなりひとりよがりに合点がいってしまった…

 

そんな、See Your Music!でした。

 

 

 

では、またお会いしましょ。さよなら、さよなら、さよなら…!

www.youtube.com

 

ついでに、川村ケンスケの「黒・音楽ビデオ/映像論」を読みたい方は…

(といっても、「黒」ばっかりではないですが…)

こちらも!

ksmvintro.hatenablog.com

 

この映像大好きkkは、こういうブログを書くことが専門ではなく、いろんな映像の仕事をしております。

それらをプレイリストにしました。

www.youtube.com

 

お茶のお供に、ぜひどうぞ。

 

ぜひお読みください!