読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

★81鐘目『新横綱・稀勢の里&日本女子大・浅田春奈!感動を「ありがとう」でしょうの巻』【エムPのイケてる大人計画】

f:id:mptvstaff:20170327122553j:plain

 

昨日は、歓喜の涙を流したひとがたくさんいました。

 

★新横綱稀勢の里関の逆転優勝!

 

f:id:mptvstaff:20170327122726j:plain

ファンが狂喜乱舞しました。

横綱稀勢の里関は、先場所に引き続き男泣きしました。

 

感動の余韻は今日も続いています。

 

 

★『SHOWROOM』日本女子大・浅田春奈が逆転優勝!

 

暖かい!温かい!あさはるファンに後押しされた、ラスト5分!

怒涛の追い込みで歓喜の逆転優勝です。

 

ここ数日、追いつけ追い越せを続けていた

【ミスオブミス】

第一関門『SHOWROOM』の合戦

真摯に戦う姿にファンが後押しを決意!

f:id:mptvstaff:20170327122553j:plain

 

 

みなさまのおかげで見事!優勝しました。

 

さぁ~~~、

いよいよ、本日!!

女子大生の日本一を決める

【ミスオブミス】

が決定します。

 

一緒に戦ってくれたファンに感涙を披露することができるか!?

 

勝っても負けても…、

今日、

ワクワクドキドキ

しながら迎えることができたのは…、

浅田春奈さんの頑張りと

あさはるファンの頑張りのおかげです。

 

きっと、

神様が微笑むことでしょう。

 

「ありがとう」

 

 

★★★

 

★(1年前…)2016年3月26日の夢叶は、

北海道民GLAY』でした。


今朝も、もの凄い寒いですね~~~。

関東地方は桜の開花宣言も出ているのに、

吐息が真っ白。

 

右手はポケットに守られていますが、

傘を持つ左手が悴んできました。

 

寒波吹き飛ばして~、

一日も早く暖かくなってくれないかな~~。

 

一番願っているのは、『桜』なのかもしれません。

 

そして、

相撲好きの日本人が喚起した3月26日。

左腕の痛みを堪えて戦いました。

相撲ファンのために…。

 

 

★『怪我を吹き飛ばして、新横綱稀勢の里春場所!感動の逆転優勝で夢叶なのだ。』

 

 

千秋楽を迎えた大相撲春場所

 

13日目日馬富士戦で左腕付け根を強打。

取組後に救急車で病院に搬送されるほどの怪我を負う。

f:id:mptvstaff:20170327115044j:plain

翌日の取り組み、鶴竜戦では左腕の痛みから一方的に寄り切られ完敗

 

誰しもが千秋楽の惨敗を予想した。

 

この日、

横綱稀勢の里関が優勝するためには、

千秋楽で対戦する、照ノ富士に勝利するだけでなく、

優勝決定戦へ持ち込み、さらにもう1勝!しなければならなかった。

 

だが、現実は違った。

顔をゆがめるほどの激痛と向き合いながら、千秋楽の出場を決意したのは、

横綱としてのPRIDEだったに違いない。

「気持ちだけをぶつけようと思ってやりました」

f:id:mptvstaff:20170327115307j:plain

 

 

この気迫に相撲の神様は微笑み

 

「今回は泣かないと決めていたのですが…」

f:id:mptvstaff:20170327115249j:plain

先場所に続いての男無きを披露する場を与えてくれたのです。

 

 

こうして、稀勢の里が2場所連続2度目の優勝を飾った。

横綱の優勝は1995年初場所貴乃花以来22年ぶりで8人目の快挙!

 

怪我を乗り越えた感動の取り組みに相撲界から惜しみない賛美が贈られた。

 

相撲界トップの八角理事長(元横綱北勝海

「今後、語り継がれる逆転優勝だ。最後まであきらめないことが大切だということ。稀勢の里は本当に大したもんだね。きのう、おとといのことを考えたら、こんなことが起こるとは」

と絶句。

「右足が送れなかった。やりづらかったと思うけど、照ノ富士もよくやったと思う」

と敗者の照ノ富士の戦いぶりも称えた。

 

 

この日が審判部として最後の務めだった友綱副部長(元関脇魁輝)

「自分にとって最後の最後に、こんな相撲を見られるなんて、審判をやってきて良かった」

 

歴史的な大一番を審判長として土俵下から見届けた巡り合わせに感謝した。

 

2場所連続で稀勢の里に優勝旗を渡したのは、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津

「みんな泣いていた。本人は特に(目が)真っ赤だった。感動的だったよね。2番勝つとは思わなかったんじゃないの」

 

と間近で号泣した新横綱の姿に横綱昇進を推薦した身として胸を張った。

 

横綱貴乃花親方は、

「新横綱で優勝したのは1995年1月の初場所の私以来と聞きました。当時を振り返ると、新横綱では横綱土俵入りなどで気持ちも体力も使い、取組になかなか集中できなかった気がします。初日に武双山に上手投げで敗れて、黒星スタートでした。負けたことで逆に『ようし、やってやろう』と開き直って、その後の場所に臨めました。中日にも魁皇に負けたのですが、最後まで気力を振り絞って賜杯を手にすることができました。優勝したときには横綱の責任を全うすることができ、やっと終わったと安どの気持ちしかありませんでした。稀勢の里も同じ気持ちだと思います。」

稀勢の里は本当によく頑張りました。逆転での優勝は横綱としての責任を果たした結果で、立派だと思います。」

 

と賛美を贈りました。


当の本人は、

「本当にこの応援と支えてくれた人たちのおかげ」

f:id:mptvstaff:20170327115800j:plain

 

割れんばかりの大歓声を贈ってくれた相撲ファンに感謝した横綱稀勢の里

 

ほんとうにおめでとうございます。

 

愛される横綱としてこれからも相撲界を盛り上げてくれるに違いありません。

 

(エムP)

 

ファンの後押しがあればこそ

神様も味方してくれる。

 

ファンを大切に思えばこそ

神様も微笑んでくれる。

 

ありがとう。

 

応援してくれたファンのみなさまに…、

贈る言葉

 

【BGM-IN】「ありがとう」(大橋卓弥

youtu.be

 

 

あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。

あなたの生誕日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。