読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【音大生 吉村南美の「タッチを劇場に連れて行って」】4ベル『番外編!嬉しいお知らせ&素敵な映画たちに出会いました』

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

 

素敵な舞台女優を目指して修行中の音大生、吉村南美ことタッチです✨

 

私はみなさんに舞台の魅力をたくさん知ってもらうために『舞台』をテーマに記事を書いています!

 よろしくお願いします。

 

前回の記事はこちらです!

 

www.waja-next.com

 

 私の自己紹介はこちらからどうぞ♪

www.waja-next.com

 

 

 とはいいつつ、今回は番外編です!(笑)

 

みなさんへのご報告や、最近みてきた作品の感想をちょこちょことお話ししたいと思います。

今話題のあのミュージカル映画も、観てきましたよ~♪

 

 

さて、まずは近況報告からいきたいと思います!

先日新しくできた代々木上原の事務所にお邪魔して、4月から始まる新しい企画の打ち合わせを皆さんとしてきました♪

 

こちらのブログを書いてらっしゃるThe Reminderさんや河村ケンスケさん、住吉昇さん、風谷南友さんに加えて、たくさんの素敵な方が集まり4月から始動する企画。

 

とっても大変そうではあるのですが、素敵な企画にワクワクが止まりません!!

 

皆さんに素敵なものをお届けできるように、がんばるぞ~!

 

 

 

そしてそして、続いても嬉しいご報告です♪

 

 

実はわたし・・・

 

 

5月に舞台出演が決定致しましたー!

 

わー!パチパチ!!

 

 

5月17日から21日に新宿シアターサンモールにて上演される

舞台エンブリオに出演させていただきます。

 

詳細は私のブログからご覧いただけます♪

 

minami8616.hatenablog.com

 

上のブログでも書いているのですが、なんとわたくしこれが初舞台でございます。

 

もーーー、嬉しいです。

 

 

加藤里保菜さんと青木志貴さんがダブル主演でお送りするこちらのガールズ舞台、精一杯頑張ります!

 

ぜひぜひタッチの初舞台、観に来ていただけたら嬉しいです♪

よろしくお願いします!

 

 

 

続いては、最近観てきた映画のお話しをしたいと思います。

 

普段は舞台ばかり見ているのですが、映画もやっぱり見ると映画の良さがバシバシ伝わってきて、いいなあ・・・と思います。

 

映画も、舞台もまた全然違う魅力がこもってますよね。機会があったらそこらへんも記事を書きたいなあなんて思ってます。

そのためにも、もっと映画を見て勉強せねば!

 

 

それでは、まずはこちらの感想からいきたいと思います!

 

 
ポスター画像
 

エムPさんイチオシの映画

宮沢りえさん主演

『湯を沸かすほどの熱い愛』

を渋谷ユーロスペースで見てきました!
 
 
きっかけはエムPさんのこの作品に対する熱い気持ちの記事を見て、普段はそんなに映画を見に行かないのですが、心を惹かれ見に行ってまいりました。
 

www.waja-next.com

 

 

 

 

(左から)熱いきずなで結ばれた家族に扮した宮沢、杉咲花、伊東蒼、オダギリジョー

 

宮沢りえの「紙の月」以来となる映画主演作で、自主映画「チチを撮りに」で注目された中野量太監督の商業映画デビュー作。持ち前の明るさと強さで娘を育てている双葉が、突然の余命宣告を受けてしまう。双葉は残酷な現実を受け入れ、1年前に突然家出した夫を連れ帰り休業中の銭湯を再開させることや、気が優しすぎる娘を独り立ちさせることなど、4つの「絶対にやっておくべきこと」を実行していく。会う人すべてを包みこむ優しさと強さを持つ双葉役を宮沢が、娘の安澄役を杉咲花が演じる。失踪した夫役のオダギリジョーのほか、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎らが脇を固める。

 

(引用:湯を沸かすほどの熱い愛 : 作品情報 - 映画.com

 
 
素晴らしい映画でした。
本当に、出会えてよかったです。
 
 
ぜひ、ぜひ皆さんにも観に行っていただきたいので、極力ネタバレのないよう感想を書いていきたいと思います。
 
 
とにかく、自分でもびっくりするくらい泣きました!
泣いてない時間より泣いている時間のほうが確実に多かったです。最後の方は枯れてました(笑)
 
 
宮沢りえさんが演じる双葉が余命二か月と宣告されて、のこりの人生を家族のために「やらなければならないこと」をして過ごす。
 
ざっくり言うとこういったストーリーなのですが、これだけ聞くとお涙ちょうだいモノなのかな?という印象を受ける方もいらっしゃると思います。
 
 
でも、全然違うんです。なんでもない、悲しいわけじゃないシーンでも見ているとどんどん涙があふれてくるんです。
ふとした仕草、言葉が心に染みてきて、思わず泣いてしまう。
 
でも、観終わった後に残るのは悲しさだけじゃなくて、暖かな気持ちでした。
 
 
そんな物語を作り上げた監督・脚本の中野量太さんのすばらしさと、宮沢りえさんを始めとする役者のみなさんのすばらしさにも感動しました。
 
 
 
 
特に私が印象に残ったのは、双葉の娘・安澄を演じた杉咲花さんです。
力強い大きな瞳に、安澄としての感情をたくさん映していました。
 
 
安澄は学校でいじめられていて、もう学校へ行きたくないと言い母・双葉と大喧嘩をします。
 
 
逃げるな、立ち向かえという双葉に、お母ちゃんとは違うと返す安澄。
そんな安澄に双葉はどこか悲しそうに「なんにも違わないよ、お母ちゃんと安澄は」と言います(少し違ったらごめんなさい)
 
そして安澄は学校に向かい、母の言葉を思い出し、いじめに対し勇気を振り絞り立ち向かいます。
 
このシーンには、心が震えました。
 
 
 
そして家に帰って待っていてくれていた双葉と抱き合い「お母ちゃんの遺伝子、ちょっとだけあった」と笑う安澄。
 
 
ここでタッチの涙腺ダム決壊(この後崩壊しっぱなし)。
 
 
この双葉と安澄の二人の親子愛何回も心を打たれ、熱くなりました。
 
 
みなさんぜひ「湯を沸かすほどの熱い愛」を観に行ってください!
観に行かないと後悔しますよー!
 
予告見ただけで涙ぶり返してきそうになりました・・・
 
 
 
続いての映画はこちら!
 
 
 
 
 

『LA LA LAND(ラ・ラ・ランド)』

 
を見て参りました!
 
 「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画
売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。
 
オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。
初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。
 
「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭エマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。
第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チェゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。
 
 
みなさんはもう、こちらの『ラ・ラ・ランド』ご覧になりましたか?
 
 
タイトルの『LA LA LAND』
 
★ロサンゼルス、主にハリウッド地域の愛称(LA)
★陶酔し、ハイになる状態を表す
★夢の国
 
 という意味なんだそうです!
 
 
各所から絶賛の声が上がっているこの作品、
ミュージカル女優を目指している私としては「絶対に見に行かなきゃ!」と半ば使命感のようなものも感じていたので、ようやく見に行けてとっても嬉しかったです♪
 
日本でも大ヒット上演中のこの作品、私の見に行った回もほとんど席が埋まっていました。
 
嬉しい・・・!
 
 

こちらの映画サイト(映画.com - 映画のことなら映画.com)の注目ランキングでも一位にランクインしており、『レミゼラブル』以来のミュージカル映画旋風を感じております!

 

 

曲もダンスもロマンティックで、「雨に唄えば」といった黄金期のミュージカル作品を彷彿とさせるような作品でした。

それでいて、とても鮮やかで現代的な作品。

 

 

今、映画のサウンドトラックを聴きながらこの記事を書いているのですが、美しいメロディーと共に映画のシーンたちがどんどん蘇ってきます。

 

(出典:『ララランド』が面白い理由、おすすめの理由、高評価の理由|日本公開日は2月24日 - アートコンサルタント/ディズニーやミュージカル、ビジネス情報サイト

 

高速道路の渋滞の中、自由に歌い踊るカラフルなナンバー『Another Day of Sun』でこの映画は始まります。

 

人々が車の上でアクロバットをしたり踊ったり・・・楽しそうに希望を歌うその姿に、最初からテンションMAXです!

 

 

(引用:Pop Culture Advent Calendar, Day 19: In 'La La Land,' Wait For The Kick | NCPR News

 

 私が一番好きなナンバーは、ミアが女優を目指す友達と一緒にパーティーへ向かい、その中にいるかもしれない運命的な人を思い歌うナンバー「Someone In the Crowd」です!

 

パーティーなのでドレスも華やかで、特にプールに飛び込むシーンが大好きです♥

 

他にもミアとセブによるロマンティックで魅力的なナンバーもたくさんあります!

 

www.youtube.com

 

心のウキウキする、でも少し切ない素敵なミュージカル・エンタテイメント♪

ぜひスクリーンでご覧になってください!

 

gaga.ne.jp

 

 

 

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

次回は「舞台のススメ」シリーズをお送りする予定です。

 

それでは、ありがとうございました♪

 

(吉村南美)