『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】第17回「音楽ビデオの学校!"Let it be"と"Baby You're a rich man"と"Let forever be"とRain"と"I am the walrus"と"Strawberry Fiels Forever"」

今日は、音楽ビデオの学校、を開きます!

 

起立!

礼!

 

今日は…

 

  • ケミカル・ブラザーズ、をとりあげます… と、いえば、90年代のデジロック・ブームに乗っかって、いちやくトップ・アーティストになった、DJ&ミュージシャンですね。

f:id:ksmvintro:20170123222826j:plain

 

 

この曲は、聞いたことある人が多いでしょう!

www.youtube.com

 

今日は、その「ケミカル・ブラザーズ」の音楽ビデオが作られる過程…

 

というか、

 

映像が考えていかれる過程、を…

 

わたくしの、全くの「妄想」(笑)に基づく「分析」で、明らかにします

(というか、「妄想」での「分析」なので、なにも「明らか」にはなりませんが、「発想」のプロセスを知る一助、にはなるかな、と)。

 

 

今回考える材料は…これ。

 

ケミカル・ブラザーズの「Let Forever Be」(1999) 。

www.youtube.com

監督は、おなじみ(どこで誰に?)ミシェル・ゴンドリー。

ミシェル・ゴンドリー - Wikipedia

さまざまな、映画や音楽ビデオ、コマーシャル・フィルムを監督しています。

 

後で、どんな監督なのか、チェックしておきましょうね!

 

さて、

この「Let Forever Be」、ご覧いただければわかるように、

アナログな面白さ満載の、傑作ビデオですが。

 

いったいぜんたい、どうして、

「この曲から、この映像に至ったのか」、

ということを、考えてみよう、ということです。

 

まず、このビデオの0:34くらいから、

歌が入った1行目…

"How does it feel like, to wake up in the sun?"

(陽の光の中、目覚めるのはどんな気分だい?)

という歌詞。

 

この歌詞の「言葉」と、歌の声の雰囲気が…

 

この映像…

www.youtube.com

で、流れている曲、

0:18ころからの…

"How does it feel to be one of the beautiful people?"」

(素敵な人々の一人になるってのは、どんな気分だい?)

(この「素敵な人々」というのは、「お金持ち」のことを指すのですが)

(だから、「ソーシャル・ネットワーク」のこのシーンで使われたのでしょうが)

 

 

この二つ…似てませんか?

 

 

"How does it feel" まで、一緒ですね。

 

 

 

それって、偶然じゃん!

 

…そうかもしれませんが、

 

 

  • 音楽ビデオの「発想」のプロセスを暴く!

 

 

そうでもないんです!

 

ただ、似ているだけではないんです!

 

ケミカル・ブラザーズ側の「ふかーい、ふかーい、ビートルズへの思い」が、感じられるのです。

 

だからこその、映像を合わせる側の、ミシェル・ゴンドリーの

「映像での回答」

も、上記のビデオのようになるのです。

 

 

では、その「思い」を分析しましょう!

 

 

ケミカル・ブラザーズは、この "Let Forever Be" の前に、

"Setting Sun"(1996)という曲を出していて…

www.youtube.com

この曲で彼らは、

Oasisのギター・ボーカル・ソングライティングを務める ノエル・ギャラガーを、ボーカルに起用。

 

ご存知とは思いますが、Oasis/ノエル・ギャラガーは、完全なビートルズ・フォロワー。

 

Oasisの曲でも、もしくはその音楽ビデオでも、ビートルズへのオマージュたっぷりの作品を発表していました。

www.youtube.com

 

映像なんかは、決して似ているわけではないのですが…

www.youtube.com

 …なんか、ね。

 

あと、

なんとなく、ドラムの音・フレーズとか、「グルーブ(ノリ)」とか。

www.youtube.com

 

 

そんな、「ビートルズ・フリーク」と言ってもいい、ノエル・ギャラガーを、今回のテーマ曲である、この「Let Forever Be」にも、再起用し、

 

"How does it feel"

 

と、歌わせる。

 

そして、

その「Let Forever Be」の冒頭、

★重めのストリングス(弦楽器)のフレーズは、

www.youtube.com

「Strawberry Fields Forever」の1:00くらいから聴こえてくるストリングスに似たムード。

もしくは、

 

 

★ドラムの音は、

www.youtube.com

ビートルズの「Rain」に、どことなく似ている。

もしくは

www.youtube.com

ビートルズ「I Am The Walrus」のドラムやストリングスのムードにも。

 

そんな中、

あ、こんなのもありました。

www.youtube.com

だよねー。

 

 

…と、

それくらい、「Let Forever Be」と「ビートルズ」の間の「関連」は深く!

 

 

極め付けは、

www.youtube.com

「Let It Be」ですね。もう関連は明らか。

 

あ…

「Strawberry Fields Forever」の「Forever」を、「Let It Be」の「It」と入れ替えてるのですね。このことは、今日気づきました。

 

 

…で、この「関連」に関し、

ミシェル・ゴンドリーは、おそらくケミカル・ブラザーズからなにも解説されてはいないだろう、と、想像します。

 

(解説したかもしれないけど、それくらいわかるだろー、もしくは、音を解説するっていうのはあり得ないよね、あほくさくて、って思うのが普通な気がします)

 

 

それに対し、

ミシェル・ゴンドリーは、自分の感覚として、もしくは、上記のように考え

(たかどうかはわかりませんが)、

「ビートルズ」とのつながりを「確信」し、

(なぜなら、ミシェル・ゴンドリー自身も、ミュージシャンであり、ドラマーなので)

 

 

ムムム…

「ならば、サイケデリック(しかもややコミカル)」に!

なぜならビートルズの中期(前述した曲たちの発表された時期)は「サイケデリック」(もっといえば、ドラッグ的)な表現に傾倒していたから。

 

そうか、

サイケ…万華鏡のようなイメージ…すでに1999年当時には、そういうエフェクトは当たり前に身近なものだったので、そういう方法でいけば、よりデジタルな(言い換えれば「デジ・ロック」な)仕上がり、になるだろうが。

いや、この曲がビートルズへの「デジタル世代の完璧なオマージュだとしたら」、手法は「デジタルではなく、アナログ」であるべきかもしれない。

デジタルな繰り返しを、すべてアナログ…実際のセット等でやってみる!

 

そこに、デジタル・エフェクトをさりげなく加えて…。

 

そういう仕上がりが、「ケミカル・ブラザーズ」の「ビートルズ」愛を如実に示すことになるだろう!

 

と、

思ったとか、思わないとか(笑)。

 

 

 

あ、ポイントは…

 

  • 音楽ビデオの演出・アイデアを考えるとき、最も大事なのは「題材になっている『その音楽』」そのものなのだ、ということ。

 

 

「音」から離れた「音楽ビデオのアイデア」ほど、スリルのないものはないのです。

 

「音」を聞き、言葉を聞き、分析し、

 

「音を作ったミュージシャン」の「思い」を汲み取る。

 

ときには、和音を考え、

ときには、音質に注目し、

ときには、ミュージシャンの姿を見続ける。

 

 

そんな、音楽ビデオを、わたしは見たい!

 

そんな See Your Music!を、わたしはしたい!

 

でした! 

 

 

さあ、映像マニアもしくは映像制作者・社の方々、こういう映像の発想もありますよ!

忘れないでねー!

 

では、

またお会いしましょ。

さよなら、さよなら、さよなら…!

www.youtube.com

 

ついでに、川村ケンスケの「黒・音楽ビデオ/映像論」を読みたい方は…

(といっても、「黒」ばっかりではないですが…)

こちらも!

ksmvintro.hatenablog.com

ぜひお読みください!