『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】第14回 もしかしたら番外編「ジェームス・キャメロンが、SFの歴史と起源に迫る、らしい!という素敵!な話」

 

f:id:ksmvintro:20170118012044j:plain

そのジェームス・キャメロンさんが…

japanese.engadget.com

 …SF=サイエンス・フィクション の「歴史と起源」に迫るドキュメンタリー番組を作るらしい!のです。

 

 

…と、そういえばこのブログのテーマ…音楽ビデオに関係させてみると…

…と、いうことで、調べてみたら、

BoAや少女時代、東方神起が在籍する、韓国のエンタメ会社 SMエンタテインメントの、韓国でのライブの映像をやる!という記事がありました。6〜7年前。

www.cinematoday.jp

 

…実際やったかどうかはわかりません。知ってる人、教えてちょー。

 

 

…というわけなので、本題に戻ると…

 

 

  • SFの歴史と起源!を、ジェームス・キャメロンではなくて、川村ケンスケ的に、様々な方向から紹介!(できるかなー…)

 

SF=サイエンス・フィクション…大好きなジャンルなのですが。

 

19世紀の小説「月世界旅行」で有名な、ジュール・ヴェルヌ…。

その作品を元に、ジョルジュ・メリエスが作った…

www.youtube.com

…素敵ですよね。

 

この小説「月世界旅行」のジュール・ヴェルヌとか、

H.G.ウェルズの「宇宙戦争」(小説は同じく19世紀)、

なんかが、初期(最初、かどうかは、僕的には不明)のSF作家といってもいいのではないでしょうか?

 

そのH.G.ウェルズの「宇宙戦争」は、

有名なラジオドラマ…アメリカの、たしかCBSラジオだったのでは…?で、本当のニュースっぽい演出で、ドラマ化されたら、ちょっとしたパニックが起きた、というのを聞いた気がします。

で、そのあと、ハリウッドにて映画化されていますね。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

さあ、みなさんはどんな「SF」が好きですか?

 

…え? 知らない?きらい?

 

うそーん、絶対好きなのがあるって。

 

宇宙大作戦スター・トレック

猿の惑星

スター・ウォーズ

ブレードランナー

エイリアン

 

あ、そういうんじゃなくて、

 

映像になってないものでも、面白いものや作家さんがいるんですって。

 

あまりにもたくさん!なので、ちょっとだけ。

でもやはり、映像に絡めていきたいところですよね!

 

 

  • 映像制作者、要勉強! SF映画/小説は、アイデアの宝庫だから!

 

一人目の作家さんは…

アーサー・C・クラーク - Wikipedia

 

この方は、

www.youtube.com

…の原作者、というか原案者。その原案になったのは「前哨」(The Sentinel)という作品でした。

「前哨」は…

月の上に、発信器があって、月に人類がやってきてその発信器を発見したら、その発信器の設置者に通知が行く、みたいな話だったと思います。

その小説のモチーフが、「2001年宇宙の旅」の「モノリス(黒い板)」…

f:id:ksmvintro:20170118021659j:plain

…の存在に、生きているのですね!

 

まあ、「2001年〜」の監督のスタンリー・キューブリックは、原作なんぞあってなきがごとし、な人(誤解か?)なので、クラークと共同で書いていたこの「2001年〜」の原作も、かなーり変更を余儀なくされたのではないでしょうか?

 

 

キューブリックVS原作者の、一番有名な例といえば、「シャイニング」。

www.youtube.com

原作者のスティーブン・キングは 「これは私の本と関係ない!」と言ったとか言わないとか。

 

 

二人目は、

 

アイザック・アシモフ

アイザック・アシモフ - Wikipedia

 

「われはロボット」

f:id:ksmvintro:20170118021947j:plain

をあげてみましょう。

 

この小説には、「ロボット三原則」なるものが登場します。

 

それは…

 

第1条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

第2条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第1条に反する場合は、この限りではない。

第3条 ロボットは、前掲第1条および第2条に反するおそれのないかぎり、事故をまもらなければならない。

ー2058年の「ロボット工学ハンドブック」第56版

『われはロボット』より

 

というもの。Wikipedia から拾いました。

 

この「3原則」、アシモフは知らなくても、

浦沢直樹(というか、手塚治虫の…)「PLUTO」にも、出てきましたね。

 

この「3原則」が、ロボットの行動を縛るものとなり、

だからこそ、この「束縛」に反した行動をとって「人間をあやめたり」したロボット犯罪の「ナゾを解く」形で、ストーリーが進行していく、

という形が、「われはロボット」以降、アシモフの「ロボット」シリーズの定番の形になっていきました。

 

言ってみれば、これは、

「SFの形を借りた『謎解き』=『ミステリー』」なのですね!

 

SF&ミステリマガジンという本がありましたが、そのことが、SFとミステリ、根底で同じテイストを持っているということの証明、ですよね。

 

映画は…

www.youtube.com

これでした。

 

21世紀を生きる我々の、映像制作をなりわいにし、

そして、音楽ビデオ大好きな、我々の、

バイブル」!と言ってもいい、これらの作品

(小説、大事っすねー)。

 

映像に無理やりからめていけば…

 

ロバート・A・ハインライン

…「夏への扉」が、音楽ファンには有名…山下達郎さんが同名の曲を書いています。小説的には「未来史」シリーズ…SF系の人は、だいたい「〜史」的に作品を「収斂」させる傾向ありますね! 松本零士さんとか永井豪さんとか(違うか!)

 

フィリップ・K・ディック

…「ブレードランナー」原作、「マイノリティ・リポート」原作、「スキャナー・ダークリー」(アニメ!っていうべきか)原作、「トータル・リコール」原作…枚挙にいとまがありませんな!

 

J.G.バラード

…ニュー・ウエーブ(といっても、1960年代のこと)の中心作家。「太陽の帝国」原作、「クラッシュ」原作…。

 

このあたり、行っときたいっすねー!

 

今回は、長くなったので、今度書きますー!

 

 

合言葉は、See Your Music!

あ、

Read Books and Speculate!(本を読んで、思索せよ!)

 

 

 

では、またお会いしましょ。さよなら、さよなら、さよなら…!

www.youtube.com

 

ついでに、川村ケンスケの「黒・音楽ビデオ/映像論」を読みたい方は…

(といっても、「黒」ばっかりではないですが…)

こちらも!

ksmvintro.hatenablog.com

ぜひお読みください!