『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】第13回「ONE OK ROCK『We are』MV、がちょっと日本人離れ!した出来栄え!」

  • ONE  OK ROCK のニューアルバム「Ambitions」が出ましたね!

f:id:ksmvintro:20170117162045j:plain

 

その中からの、リードトラックとなるであろう MVが公開されていました!

 

www.youtube.com

これが、ちょっとだけ日本人離れした出来ばえ!

 

 ONE OK ROCK    WE ARE」 

 

という、オープニングタイトルが、

「画面に固定ではなく」、「カメラに固定された感じ」、で出されるところが、新しい!

この見せ方は、初めて見ました、タイトルの乗せ方としては!

 

ディレクターは、MARK STAUBACH と、ありますね。

 

…日本人ではなかった…!

なるほど…。

 

…この人ですね。ロス・アンゼルス在住の監督さんです。

Mark Staubach

 

 

逆光で、顔とかめちゃくちゃ見えなくても、よい!という、日本人があまりしない発想

(というか、普通の発想ですが、日本のレコード会社にはあまりないかな、この感じを認めるところは…)

が感じられます。

 

そのあたりが、

「仕上がりやトーン」として、「日本人ぽくない」かんじに仕上がってきている要因かもしれません。

 

なんだか、すごい単純な話で、そう思ってしまっているようですが…。

 

でも、

試しに、YouTubeで、いろんな日本の音楽ビデオを見てみると分かります、

…日本の場合、音楽ビデオでは、顔をしっかり見せようとしている、という意思を。

 

もちろん、アイドルは、「顔の映り」が大事ですよ。

でも、

バンドものでは、顔うんぬん、っていうことでなくてもいいのかなー、とは、僕は思ってはおります。

 

まあ、言われたら綺麗には撮ってしまいますが(涙)。

 

この「We are」は、演奏シーンだけでできていて、なおかつ、逆光目、というだけで、僕的な基準の音楽ビデオのど真ん中!にきています!

 

 

 

というわけで、参考までに…

 

このビデオを見てみましょう!

www.youtube.com

「WE  ARE」、ちょっと、これに似ている(笑)。

 

気のせいか…。

 

このコールド・プレイのビデオは、音楽ビデオ界の名匠、マーク・ロマネクの作品ですね。

マーク・ロマネク - Wikipedia

 

ご愛嬌かなー。

 

 

まあ、背景に、明滅する光を背負って…って考えると、必然的にこうなるね。

 

  • 日本人、外国人、そこはあまり差がなく、いいものはいい!と認めて取り入れていく、ということでしょうね!映像制作において!

 

音を聞いて、とかではなく、まさに、See the Music!したら、そう感じました、ということで。

一枚絵として残る、映像の力、脳に訴えかけるレベル、恐るべし!

 

 

では、またお会いしましょ。さよなら、さよなら、さよなら…!

www.youtube.com

 

ついでに、川村ケンスケの「黒・音楽ビデオ/映像論」を読みたい方は…

(といっても、「黒」ばっかりではないですが…)

こちらも!

ksmvintro.hatenablog.com

ぜひお読みください!