『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

『昨日より今日はもっと×2!素敵』 BLOG(イケてる大人計画)

【イケてる俳優】【イケてるタレント】【イケてる文化人】がエンタメ、トレンド、恋愛等々、得意ジャンルで『昨日より今日はもっと×2!素敵』情報をお届けしていきます。常に明日に向かって進化を遂げるイケてる大人計画を実行中!?イケてる大人の読者登録【1000人】目指しています。お気軽に登録!参加してください。よろしくお願いいたします!!===POWERD by WAJA‐NEXT===

【川村ケンスケの「音楽ビデオってほんとに素晴らしいですね」】第3回「ONE OK ROCK のボーカル、Takaくんの感覚のすごさ!」

今日、J-WAVEを聞いておりましたら…

 

『「アンビションズ」は…』という言葉がしきりに出てきて。てっきりグループの名前かと思い、検索していたら、実はそれは、

  • ONE OK ROCK、1/11発売のニューアルバム「Ambitions」のことだったのでした。

 

www.youtube.com

 

バンド、出てこないんですね! いさぎいい!しかも、この影絵の演出のクオリティがけっこう高い!

 

彼らは、

www.youtube.com

で、一気にお茶の間(?)に存在を知らしめた気が。ちょっと邦楽の枠を越えてますよね。

 

  • ボーカル、Takaくんの感覚の凄さ!

Takaくんが、先述のJ-WAVEのインタビューで話していたことが、けっこうすごかった。

 

海外でライブを数多くこなし、その感覚をもったまま日本でライブ、っていうことをやるようになって、痛感したこととして…

 

「海外のPA(ミキサーとかで音を整えて出す係りの人)は、『もちろん英語で歌うことを前提に』ボーカルのバランスや質感を作ってくる」

 

「もちろんだけど、日本のPAさんは、『日本語で歌うことを前提にバランスをとる』」

 

「英語で歌う時に使う『ところ…おそらく、喉とか、声の出し方とか、言葉そのものの帯域・質』と、日本語で歌う時の『声の作り』が、全く違う」

 

「だから、海外で日本語で歌うと、まったく『通らない』歌になる」

「逆に、日本で英語で歌うと、耳に痛すぎるような音がスピーカーから出ることになる」

 

…と。

 

「英語を喋るときの呼吸」と、「日本語で喋るときの呼吸」は、全く違う、と、言われます。日本語は「口先」で発声し、英語は「のど」で発声する、と。

松本道弘氏の「1億人のリズム英語」 – NipponDream

(わたくしが大学生のころ、英語を極めたくて藁にもすがる思いで精読したのが、この松本道弘先生の著作でした)

 

出てくる音が、英語と日本語で、質感が全然違うのですね、きっと。

 

そのことを、Takaくんは、ボーカルという視点から感じていたのだと。

 

 

  • 英語の声の通り方と、日本語の声の通り方は、まったく違う!

 

Takaくんは、

★日本で、日本語

★日本で、英語

★海外で、日本語

★海外で、英語

の4パターンに対して、その場その場で対応

(もしかしたら、1曲の中で、発声を変えているかもしれない)

しているのだと言ってました。

 

これ、すごいテクニックですよね!

 

PAですから、歌に限らず、芝居のセリフ…舞台だけでなく、映画なんかでも、その「発声」一つで、

「この人の声は、『通る』なあ、とか『通らない』とか」の受け取り方が変わるのだということですから。

 

知っていると、エンタメだけに限らず、役に立つのかも。

 

 

…音楽ビデオから、かなり遠い話題ですが、ちょっと感動したのでかこつけて書いてみました。

 

ONE OK ROCKも、注目ですよ!

 

 

そうそう、合言葉は、See Your Music!

 

では、またお会いしましょ。さよなら、さよなら、さよなら…!

www.youtube.com